綾小路 清隆。 【ようこそ実力至上主義の教室へ】 綾小路清隆の母親について原作小説から考察

綾小路の父親は綾小路をホワイトルームに連れ戻そうとするのですが、高度育成高等学校は国が管理する施設であり、綾小路父の昔の部下だった坂柳理事長が管理している施設なので、綾小路父といえどもそう簡単に綾小路を連れ戻すことはできません。

16

清隆は物心ついたときからホワイトルームにいたため、外界つまりは世間に対しての常識を体験せずに育った。

9

病気により若くして頭髪を失っている。 月刊コミックアライブ12月号付録『ようこそ実力至上主義の教室へSS』より• 詳しくはをご覧ください。

13

たぶん多くの読者がそう思ったはず。

9

普通なら綾小路の置かれた状況はかなりピンチですが、当人にその自覚はありません。 軽井沢を屋上へ呼び出し、まずは尋問。 恵の尋問の時に清隆が姿を見せたときも当初は頑なに清隆がXであることを認めようとしなかったが、石崎やアルベルトが清隆に一蹴されたこと、龍園の作り出した状況が清隆によって仕組まれていたことを明かされ認めざるを得なくなり「分からないけどムカつく」と取り乱していたことから内心自覚してないながらも清隆を信頼していた節が見られる。

19

選抜種目試験ではバスケットボールで須藤と対決し、バスケ経験者であることを見抜かれている。

15

第9巻ではクラス内の人間関係を詳細に語り、入学して1年足らずで他クラスの生徒の秘密を握る描写がある。

10