ご 教示 意味。 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の意味と違い、使い方とは?

誤りとは言い切れませんが、社外に向けた文書には用いないのが無難でしょう。 「ご教示」について 「ご教示」の読み方は「ごきょうじ」 「ご教示」は、 「ごきょうじ」と読みます。

17

字面も発音も似ている二つの熟語なので、ついつい混同して使われがちなものですが、実は意味に違いがあります。

10

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 使い方のNG例 「先方」の使い方のNG例としては、「先方」に「様」をつけるというものがあります。

3

教示とは「 知識や方法を教え、示す」という意味の言葉です。

「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の違い、使い分け方 本来の意味に立ちかえると、 「ご教授」は「学問や技芸を 教え授けること」となります。

16

退出時の鍵の管理方法についてご教示願います。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 因みにこの一節は「明治」という元号の由来となっており、「明」と「治」を取って名付けられたそうです。

14

「ご教示願います」• 「指南」とは、武術・芸能などを教え示すこと、指導することです。 たとえば、「ご都合のよい日程をいくつかご教示くださいますようお願いいたします」と言った使い方ができます。

19

そのような場合に使われるのが、「ご教授」です。

11

柔道や華道、将棋、チェスなど、教える内容が限定された人に対して、教えを請うために使います。 資料を作成し、後ほどメールで送付致します。

16