ダンゴムシ ワラジムシ。 ダンゴムシ

在来種の多くは森林や砂浜に生息しているため、お家の中や周辺ではあんまりお目にかかれません。 進化の過程としては、まず陸に適応し海岸付近で生きていけるようになったのがフナムシであり、さらに内陸へ適応したのがワラジムシ、そしてダンゴムシであると考えられています。

17

だからね、敵から逃げる方法が違うっていうのが一番、丸まる理由と、丸まらない理由としてあるんじゃないかなと思います。 こちらは「在来種」で昔から日本に生息していました。

5

オカダンゴムシは丸まると綺麗な球体になりますが、ハナダカダンゴムシは少し頭の部分が飛び出していて、綺麗な球体になりません。 - 漢方と健康な食生活ホームページ。 よく見かけるのは「オカダンゴムシ科」のダンゴムシ 日本で生息するダンゴムシの種類は、大きく 「オカダンゴムシ科」「コシビロダンゴムシ科」「ハマダンゴムシ科」の3つに分けられます。

2

落ち葉が積もって、下の方から分解されて土になる自然の状態を理想としつつも、大体似たような環境が用意できれば充分。

13

WCS ダンゴムシには体表表面に水を行き渡らせる仕組みがある。

3

たしかに2つの生物は似ている。 それらを動かすとその下にいっぱいいるなんてこともありますよね。 The Ligia-type of the water conducting system in terrestrial isopods and its development in the family Ligiidae. 世界中に 1,500 種!今なお新種が増え続けるワラジムシ 一方、ワラジムシは、縁の下や草の生えた地面によく見られます。

4