ミャンマー 軍。 ミャンマー軍が非常事態宣言 進出の日本企業の対応は

王統史のいう「44代目」の(在位 - )が初代国王とされる。 2013年1月現在、国軍とカチン独立軍は交戦状態にあり、カチン州では難民が発生している。

10

同年、のトマス・オヘア・キンタナ(Tomas Ojea Quintana)特別報告者がミャンマーを訪れ、自宅軟禁中のアウンサンスーチーとの2009年2月以来3度目となる面会を求めた。 135の少数民族が住んでいるとされるミャンマーは、これまで繰り返し紛争を経験しており、特に「東北部の国境地帯であるシャン州とカチン州の中国系少数民族の武装解除がうまくいっていない背景には中国の支援がある」と苛立ちを募らせてきた。 、民主化勢力に対し強硬な対応をとってきた SPDC 議長および国家元首であったと長らく行動を共にしてきたが新首相に就任。

7

に3度にわたるでコンバウン朝が滅びた後はとなった。

17

国軍総司令官が全権を掌握したと宣言した。

14

から始まった中国のの影響がビルマに及び、にビルマ共産党 CPB は、タキン・タントゥンら幹部が暗殺され、中国の影響下に入った。

ミャンマー国内を移動する軍の車両と兵士の動画がソーシャルメディアで共有されると、まもなくミャンマーのインターネットが遮断された。

12