ムンク。 ムンク 叫び 絵画の解説

私はこの絵で、実際の血のような色の雲を描いた。 一般的に画家にとって《自画像》は特殊な意味を持ちます。 大胆な筆致で描かれている作品ですが、ベッドの上に少女が裸体で座っており、じっとこちらを見つめているという非常に精神的な側面の強い作品となっています。

9

気に入った作品は売らずに手元に残しており、死後は遺言によって、手元に残していた全作品がオスロ市に寄贈された。

まるで今日一日の疲れから解放されていくような、そんな感覚を味わった。 ムンクが「叫び」を描いた背景 「叫び」の第一作目は、1893年、ムンクが30歳のときに制作された。

10

ムンクは7月、オースゴールストランにサマー・ハウスを買い、油絵の制作を再開した。 」と書いている。

突然、空が血の赤色に変わった。 メンタルな世界を表現した暗い感じの作風から、人間の力強さを表現した明るい作風に変っていったわけである。 これを原型として、1893年にクレヨン画(オスロ市立ムンク美術館蔵)と、テンペラ・クレヨン画の《叫び》(オスロ国立美術館蔵)を制作。

そして自身の作品群を『生命の連鎖』としてとらえ『叫び』や『嫉妬』などの作品を《生命のフリーズ》となづけたのです。

18