ロック ウェル 硬 さ 試験。 JIS Z 2245:2011 ロックウェル硬さ試験−試験方法

一次硬さ標準試験機(国家レベル)は,硬さ校正試験機(校正レベル)の校正に用 いる一次硬さ基準片[常用参照標準(試験片)]を校正する。 ダイヤモンド圧子の状態は,附属書Fによって点検することが望ましい。 b トレーサビリティを主張するための参照標準 これらが,計量計測トレーサビリティの連鎖を決める。

例 70 HR 30 T W 用いた球圧子の種類 S =鋼球,W=超硬合金球 ロックウェル硬さスケールの記号( 表 1 参照) ロックウェル硬さの記号 ロックウェル硬さの値 注記 試験力を示す数字は,従来の kgf の単位をもとにしたものである。

注記 1 ISO 6508-1 では,ロックウェル硬さの球圧子は,超硬合金球を用いることを標準とし,製品 規格の規定又は受渡当事者間の協定がある場合には,鋼球圧子を使用してもよいこととして いる。

5

ただし,受渡当事者 間の合意のうえ,試料の裏面にくぼみの影響が生じていてもよい。 JIS B 7730は,試験機の間接検証に用いる基準片の校正に要求される手順,並びにこれらの基準片を校 正するのに用いる試験機に要求される校正及び検証の手順の両方を規定している。 超硬合金のような特定の材料及び製品については,特定の規格(例えば,ISO 3738-1,ISO 4498など) を適用する。

7

c 表に記載されていない半径の場合,直線補間によって補正値を導いてよい。 材料の平均的な硬さを測定したい場合には、ブリネル硬さ試験機を使って大きな圧痕をつけ、反対に表面硬化した材料の断面の硬さ分布を細かく測定したい場合には、ビッカース硬さ試験機等を使って小さい圧痕をつけます。 HR30Tm及びHR15Tmスケールを用いる非常に薄い板状金属に対する特別な要求事項は,附属書Aに よる。

7

こんにちは。 熱処理における「硬さ」は、普通は「硬さ試験機での測定値」で表します。 なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

8

機械的性質とは、 品物に外力を受けた場合の抵抗力・耐久力などを言います。 A ベストアンサー こんにちは。 通常は、正しい硬さを測るために、グラインダーなどで表面を少し掘り込んで検査します。

2