トランス グルタミナーゼ。 しょうゆの旨味をつくる酵素の研究

【0019】 癌の場合、癌の転移、化学的耐性、放射性耐性を持つ癌においてトランスグルタミナーゼの顕著な発現増加が確認されたので、トランスグルタミナーゼの抑制は癌の予防および治療の面からも重要である。 Dynamic changes in expression of glutamate transporter mRNAs in developing brain. Transglutaminase inhibitor: A New Anti-Inflammatory Approach in Allergic Conjunctivitis. Expression of ALS-linked TDP-43 mutant in astrocytes causes non-cell-autonomous motor neuron death in rats. 多発性硬化症 は、中枢神経系の脱髄疾患の一つである。

6

また、本発明者らは、本酵素遺伝子をコリネ型細菌に組み込み、コリネ型細菌を宿主とした系において発現させたところ菌体外に分泌させることができた。 AD脳においては,イソペプチド架橋の増加が見られるため,アミロイド疾患プロセスにとってTG媒介性架橋は重要である可能性もあります。

4

脳梗塞 の障害程度は、slc1a2の発現量を規定する1塩基多型と相関することが報告されている。 これらを用いて、それぞれの酵素がどのようなタンパク質を架橋化して丈夫な表皮形成に貢献していくのか、 架橋される基質探索を行っています。 どのような免疫反応に関与しているかというと、セリアック病という小麦に含まれるグルテンが関与しているアレルギーの病気に関与しているとされています。

11

利用 [ ] 人などの動物が生産するトランスグルタミナーゼは依存性であるが、微生物の生産するトランスグルタミナーゼはカルシウムイオン非依存性であって、幅広い利用に適している。 From the Cover: Indispensability of the glutamate transporters GLAST and GLT1 to brain development. これにより、グルコサミンの生理活性をそのまま維持しながら天然でよく分解されるし、毒性がなく、重金属に対する高い吸着力を有し、抗菌活性に優れたグルコサミン誘導体を得ることができる。

15

つまり、血液凝固の最後に登場して、血を固める。 グルタミン酸トランスポーターの障害がアルツハイマー病の発症に関与することを示す証拠として以下のものがある。 そこで、本発明者は、既に安全性が認められて商用化されている天然物質のうち、トランスグルタミナーゼ抑制剤として有用な物質をスクリーニングした結果、グルコサミンまたはその誘導体からトランスグルタミナーゼ抑制剤としての活性を見出し、本発明を完成するに至った。

「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。 また、患者死後脳におけるslc1a2の発現減少や、双極性障害患者にのみ見られるslc1a2の稀なミスセンス変異(G6S、A20S、R31Q)が報告されている。

17