髪結い の 亭主。 髪結いの亭主 : 作品情報

最優秀脚本賞:クロード・クロッツ、パトリス・ルコント• 幸せ!けれど、またいつ昔のようにヒサンな境遇に逆戻りしてしまうとも限らない。 十何年以上も前に見てから、この映画がずっと好きでした。 現実化する貧乏。

3

もうね、男性諸氏なら特に分かるかと思うんですが、中学生の辺りって、ありとあらゆる「性なる妄想」を繰り広げるじゃないですか。 完全に男目線であるけど、男のいやらしさよりも自然な欲望。

7

日本にP・ルコント監督の名を知らしめた秀作。 :アントワーヌ Antoine• ハリウッド映画には無いフランス映画の魅力に出逢えるハズです。

9

なんでしょうこれは?、ただの羨ましい話じゃないか、と普通なら個人的に憤慨するところなのですが、映像があまりにも美しいので全く目が離せません。 旦那のやっている田野倉商会が不況で傾いているときのことです。 私にとっては恋愛映画の金字塔なのに。

3

「何故か」とは言ったものの、多分、告白時のアントワーヌの真剣さと、彼女自身もあまり過去を語りたがらなかったり、孤独を好んでいたりと変わり者だったからOKを出したんでしょうね。

5

ひんやりとした空気。 監督: パトリス・ルコント• 本作はどうやらブルーレイ化はされていないようですが、そもそもが少し古い映画ですし、デジタルリマスター版ならばDVD画質でも十分に視聴に耐え得ると思います。

2

主人公は子供の頃から理容師の女性に憧れの気持ちを持っていて、将来は理容師の女性と結婚するという夢を掲げていました。 しかしその涙は歳をとるごとに意味合いが少しづつ変わった気がします。

2

幸せの周りには不安や終わりがいつもあるのさ。 この映画がきっかけで私はフランス映画が好きになりました。 酒も、煙草も、旅行もしない。

18