お 身体 に は お気 を 付け ください。 お気をつけての敬語・メールでの例文|出張/行ってらっしゃいませ

体のみが常用漢字で、 身体と 躰は常用漢字外です。 メールで「お体に気をつけて」と送るときは、基本的には手紙と同じルールにのっとり、相手の状況や季節の言葉を添えて送ります。 「健康でいてね」という意味で使える…「건강 하세요. 」 「お気遣いの言葉心から感謝申し上げます。

10

相手の体調を気づかうつもりで書いた「お体に気をつけて」の言葉が、目上の方に対しては上から物を言っている、偉そうで失礼な表現になってしまいます。 無事に帰るのは当然。 くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。

1

退職や転職をする方への挨拶 口頭で使う場面としては、退職や転職などで現在の場所を離れる方へのお別れの挨拶の際、「これからもお体に気をつけてお過ごしください」というように、相手の体を気遣いながらエールを送る意味で使います。 くれぐれもお体に気をつけてくださいませ などとより丁寧な表現を使いましょう。 「お会いできるのを楽しみにしております」や、「楽しい旅行になりますことをお祈りしております」などの表現でも同じ気持ちを伝えられます。

後輩や部下に対しても別れのシーンなどでは「体を大切にして、元気で過ごしてください」というように丁寧にあいさつするとき、とてもわかりやすくていいですね。 ・ぜひ自分の目で確かめてみてください。 例えば、「御社におかれましてはご健勝のこととお祈り申し上げます」と使うのは間違いです。

14

もしもそう言ってもらったときには「Thank you」と返しましょう。 「体」と「身体」の違い 「体」は肉体を指す言葉として、「身体」は心を含めた身体全体の事を指します。

12

二重敬語とは1つの動詞に対して同じ種類の敬語が複数かかってる状態を言います。

・熱が下がったとはいえ油断は禁物です。

2

目上の人に「気を付けて」と伝えたい時は、心を留める、という意味の「留意」を使います。

6

「お気をつけになってください」「お気をつけてくださいますようお願いいたします」などと表現する場合もあります。

18