バンディダス 映画。 【映画感想】バンディダス(2006)

ドン・ディエゴはキャピタル銀行から資金援助を受ける代わりに、農場の抵当権をジャクソンに委ねる。 ドン・ディエゴの一人娘・サラ(サルマ・ハエック)はジャクソンの部下が農民を撃ち殺すのを見てしまう。

18

ややコスプレ仕様にもなっているのでビジュアル的には全く問題なし、というかむしろこれを楽. しかし土地を追われた人々が集まる洞窟の様子を見てサラも改心し、2人は協力して銀行を襲うことにする。 そしてマリアの父・ペドロも撃たれ、重傷を負う。 リュック・ベッソンが脚本を担当している。

6

マリアの農場も取り上げられることになり、マリアは町の銀行経営者であるドン・ディエゴの屋敷に乗り込み暴れ、留置場に入れられる。 超脱力したい時、ものすごく暇だけど頭を使いたくない時、酔っ払っている時などに見るのがいい。 製作は脚本も担当しているリュック・ベッソン。

それを知ったジャクソンは、銀行に預けるはずだった州の金塊をテキサスに移送することにする。 」 こう説明されても、なかなか思いだしにくいけれど、 「ややこしい女、無茶な女」の女盗賊の話・・と覚えれば、 あぁ、あの映画か、と思い出せる。

そういうわけで話の内容も単純明快。

15

数々の銀行を襲われたジャクソンは、町中の預金を最新の警報装置を備えた銀行に集結するが、3人はここにも侵入に成功。 バンディダス 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『バンディダス』について、 感想・レビュー・解説・考察です。 結局はペネロペ・クルスとサルマ・ハエック 訳あって女盗賊となったマリアとサラがとにかく大暴れするという本作。

15

2006年時にペネロペ32歳、サルマ40歳ということで結構いってるんですけどそこまでおばさんしてないのがすごいです。 その渦中に父親を殺されたマリアとサラ。

11

メキシコの州知事に金塊を預けてもらうため、最新の警備設備を整えた銀行に全ての預金が集められる。 こういう作品って、なかなか観る人が少ないんだよなぁ。

19