中原 圭介。 本質を見極めるには、新聞を毎日読むのが効果的(中原圭介)

10日の東京市場でも同様の動きを示している。 コロナ禍で東京オリンピック・パラリンピックが中止になり、大不況になるのではと心配されているが、実はこれがテレワークという働き方が認知される契機となる。 自分の興味の赴くままに情報に接していると、多くの貴重な情報を遮断してしまうのに対して、新聞に目を通していると、一生知ることができなかったかもしれない重要な情報に巡り合うことができるのです。

16

毎日のように読んでいると、偏りのないバランスのとれた知識や情報を取り入れることができるのです。 合理的な根拠を示さないばかりか、むしろ精神論に近いという欠点が如実に表れているように感じられます。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。

19

ただし、円安になった場合に海外での販売価格を据え置いたら円に換算した売り上げは増えるわけなので、プラスこそあれマイナスではありません。 2000年代初めであれば、適正なドル円相場は120円くらいだと言っていたが、2015年の時点では日本経済の構造変化に伴って、行き過ぎた円安は弱者に悪影響が偏る性格を持ってしまっている。

1

『経済予測脳で人生が変わる! 実情をよく理解するためには、「倒産件数」と「休廃業・解散件数」を合計した数字を見るのが適当だとしている。 しかし、その後は利益確定売りに押されて2万9157ドル(前日比834ドル高)で大引け。 さらに、昨年初-今年2月19日時点では、トップ5が97.4%上昇したのに対して、その他は5.8%高にすぎない。

8

まさか本気でそのようなことを言っているわけがない」と思っていました。

4

日経平均の意外高の理由は、主に二つある。 『株式市場「強者」の論理』(ナツメ社刊、2007年6月18日発売、)• 東洋経済オンライン 2014年7月3日 外部リンク [ ]• 『格差大国アメリカを追う日本のゆくえ』(朝日新聞出版、2015年4月7日発売、)• 私が日々、日本経済新聞を読むのにとっている時間は30~40分くらいですが、もっと時間に余裕のあるときは、読売新聞や産経新聞など、なるべく複数の新聞に目を通すように心がけています。 。

すでに今の私には、そのころよりも十分な知識力と幅広い視野が備わっているので、ひとつひとつの見出しを見るだけでも、その記事の内容を瞬間的に推測しながら読み進めていくということもできるようになりました。

国民全体にとっても、企業全体にとっても、国家財政にとっても、「三方一両損」ではないが、ドル円相場は90円台半ばくらいが適正ではないかと述べている。 これが国民が景気回復を実感できない原因だと分析している。

4

(アセットベストパートナーズ 中原圭介) 提供:モーニングスター社 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。

7