共同 不法 行為。 共同不法行為

共同不法行為が成立しない場合、それぞれの加害者との間で別々の不法行為が成立し、それぞれの不法行為に基づき、それぞれに損害賠償責任が発生します。 尚、AとBどちらがどうやってCの左手を骨折させたかは不明である。

12

もし、公正証書で支払い契約を結んでいれば、支払いが滞ることで直ちに給与の差し押さえを受けることにもなり、仕事の基盤にまで影響が及ぶことになります。

10

そうすると、「共同不法行為」といっても、被害者の方にはあまり得がないように思える方もいらっしゃるかもしれません。 損害賠償となる慰謝料の支払いは、できるだけ早期に完了させることが望ましいものです。 過失の割合の範囲で、それぞれが責任を負うということにすると、被害者としては、それぞれの過失の割合を見定めて、分けて請求しなければなりません。

8

競合行為による損害の場合 民法719条1項後段は、「共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする」と定めます。

10

被害者に対して「この当事者の示談交渉がおわるまで待ってから過失割合に応じて請求しなさい」と求めるのはあまりにも酷ですよね。

まとめると、治療費100万円について以下のように請求できることになります。

19