N ボックス カスタム。 N

軽自動車!?と疑うほどの車格感やゆったりとした室内空間など、先代の魅力を受け継ぎながら、全タイプ標準装備のLEDヘッドライトやルーフサイドの溶接にルーフレーザーブレーズを採用するなど、細部にわたって洗練と上質を追求。 ドライブレコーダー• 新車契約時にそのような説明は受けておらず、なぜ教えてくれなかったのかディーラーに聞いたところ 「お客様からどんな車両が発注されたの 続きを読む か伺わなかったから説明しませんでした」と言われました。 また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をHondaの軽乗用車として初めて採用。

2

オプションで要らなかったのはおもてなしフォグ、USBチャージャーかな。 また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させ、事故回避を支援。 【エンジン性能】900kg以上あり高速も使うとなるとハナからターボ以外は考えていませんでした。

16

パワーウィンドウ• こちらも気になる様なビビリ音などはなく、室内での会話も聞き取れないことはありませんでした。 「日本の家族のしあわせのために」をコンセプトに、ファミリーカーの新たなスタンダードとなることを目指して、プラットフォーム、パワートレインを新たに開発。 プレミアムコンフォートタイヤ 上質な乗り心地と静粛性を兼ね備えたタイヤを紹介していきます。

13

シャシダイのせて76ps出てたとの話もあり 真偽は不明ですが いいエンジンだと思います。

20

「日本にベストな新しいのりものを創造したい」という思いを込めた軽乗用車「N」シリーズの第一弾モデル「N BOX」のエアロパーツをセットにした「N BOXカスタム」。 今回、「G」タイプをベースにリア右側パワースライドドアなどを装備した「G特別仕様車 SS(Suzuka Special)パッケージ」と、「G・ターボパッケージ」にディスチャージヘッドライトHIDなどを装備した「G特別仕様車 ターボSS(SuzukaSpecial)パッケージ」の2タイプを設定。

17

また、全グレードに走行中急ブレーキと判断した場合に、ハザードランプが自動で高速点滅し、後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を標準装備。 その他、収納スペースの充実も図られ、フロントシート上側には高い天井を活用した大きなルーフコンソールを設定することで、よく使う荷物を助手席側に手を伸ばすことなく取り出すことができるようになっています。

15

安全装備や新採用の助手席スーパースライドシートなどの充実した機能を備えた上で約80kg軽量化し、優れた走行性能・低燃費・乗り心地を実現した。

11

革新を目指したプラットフォームを支える技術的なコアは、初代フィットから採用されておなじみとなっているホンダ独自の「センタータンクレイアウト」と、「ミニマムエンジンルーム」の2点。

7