瑕疵 担保 責任 民法 改正。 契約不適合責任とは?責任内容と契約書での注意点を解説|咲くやこの花法律事務所

ただその判定は非常に難しいので、基本的には発見した場合、後回しにせず、【すぐに通知】することが望ましいと考えます。 土地に瑕疵が見つかった場合 土地の瑕疵として考えられるのは、土壌汚染、遺跡や遺構など地中埋設物の発見、軟弱地盤、事故などです。 民法改正に関連する情報を一覧でご紹介しておきますので、この記事とあわせて、参考にご覧ください。

19

この通知期間に関しては、恐らく 3ヶ月が主流になると思われます。 つまり契約不適合を主張して契約を解除できるのか、「軽微だから解除できない」といわれてしまうのかが、規定のうまさで変わるかもしれません。 これらの部位以外(たとえばベランダや出窓など)は設備保証などで対応することになります。

9

詳しくは過去記事(「民法改正で売買契約が変わる!」の巻)をご覧ください。 代金減額請求権の有無を確認する 個人の方が不動産を売却する場合、売買契約書の 代金減額請求権の定めの有無を確認するようにしてください。

・一般社団法人 不動産流通経営協会(以下、FRK) ・公益社団法人 全日本不動産協会(以下、全日) ・公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会(以下、全宅連) すると、個人間売買については、 3協会のうち全宅連のみ、代金減額請求権の明記をしていません。

10

前提として、新民法では契約不適合があっても買主が請求した方法とは異なる方法による履行の追完が認められている(改正民562条1項但し書)うえに、代金減額請求権は原則として相当期間を定めた催告後(改正民563条1項)とされています。

10

催告解除は、代金減額請求では納得できない場合には、催告して契約が解除できます。 不足している部分の引き渡しや代替物を引き渡すことで追完が完了したと見なされます。

7