配偶 者 特別 控除 と は。 源泉控除対象配偶者・同一生計配偶者・控除対象配偶者の違いをわかりやすく解説!

A夫さんには、給料以外の収入はないものとします。 (計算方法)納税者本人の所得900万円以下・配偶者の所得65万円ですので、配偶者特別控除の金額は所得税38万円、住民税33万円となります。 配偶者のパートやアルバイトなどの年間収入が150万円以下の場合に38万円の所得控除を受けることができます。

10

また、育児休業している方がおりましたら、「」も参照ください。 夫の年末調整の資料は、11月くらいには会社へ提出します。

10

2017年までの制度「年間所得76万円」は、給与所得控除額の65万円を足して、年間収入141万円。 青色申告者の・白色申告者のでないこと (青色専従者でも、その年に給与を一度も支払われていない場合はOK)• 最新の税制をチェックしておきたい 主婦が働く時に、必ず考えるのが世帯収入での損得のライン。

15

このように、配偶者控除と配偶者特別控除の条件と仕組みをきちんと知ることで、上手に節税することを考えていきましょう。 A夫さんの年収が1,120万円以下なら38万円• 配偶者控除とは 配偶者控除とは、所得税法における控除対象配偶者がいる場合、38万円または48万円を所得から差し引くことができる所得控除です。

たかがしれています。 これが「103万〜201万円」まで拡充されました。

8

今回配偶者控除と配偶者特別控除が変更されたことで、支給上限を引き上げる可能性もあるかもしれませんが、それも含めて世帯主の勤務先の手当を改めて確認したほうがいいでしょう。 配偶者特別控除とは? 配偶者特別控除とは、ひと言で言うと「配偶者の所得が配偶者控除の適用条件を超える場合において、税負担が急増することを避けるために設けられた緩和措置」です。

1

事業所得や不動産所得など給与以外に所得がある人の合計所得金額についてはこちらのページでまとめています。 また、この配偶者控除は2018年に制度改正が行われ、納税者本人の所得によって控除額が変わることとなりました。 そのため、両者の違いをあまり意識することはありませんが、以下の違いがあります。