引っ越し 手続き。 引越し時の手続きまとめ 電気やガスの連絡・光熱費の精算など

どちらも新生活ですぐに使うものなので、「早めに切り替えなければいけない」というプレッシャーも、面倒に感じる一因かもしれません。 資格喪失手続きの届け出先は転居前の市区町村の役所で、保険証と印鑑、代理人の方に提出をお願いする場合は委任状と代理人の方の本人確認書類が必要です。

引越し先の市区町村役場の窓口に確認するべきなのは次の6つです。 また不用品を近くの市などの処理場へ運ぶ場合も運送する時間が必要です。 では、この電気に関する手続きはどこに連絡して、どのような手順で行えば良いのか把握していますか? 今回は、その具体的な手順や必要書類などのほかに、2016年4月から本格化された「電力自由化」の動きを踏まえて、電力会社の切り替え方法などもあわせて紹介していきます。

5

北海道・東北• その際に必要となるものは、所得課税証明書のほか、印鑑・請求者名義の預金通帳・請求者の健康保険証(コピー)などです。 住宅の火災保険・地震保険の解約手続き 新居で火災保険や地震保険に加入しない場合、解約の手続きは旧居から引っ越した後に行います。 ほとんどの人はスマホのように2年ごとの自動更新契約になっているため、2年以内もしくは更新月以外に解約すると違約金が発生します。

7

他市区町村に引っ越すときは、旧住所の市区町村役場で 「国民健康保険の資格喪失手続き」を行い、新住所の市区町村役場で 「国民保険の加入手続き」を行います。 旧居と新居の住所• *スタート割(関西エリア)の適用は、ガス料金プランの適用開始日から1年間に限ります。 電話もしくはインターネットで手続きできます。

11

使用している契約が新居でも利用できるかはわからない 早めの申し込みが必要 使用開始日を入力しようとしたら、指定できるのが1か月先からでした。

11

ただし、ガスの場合は作業員の方が行う閉栓・開栓作業に立ち会う必要があります。 引越しで気をつけたい荷造り・ゴミの処分・退去時のポイント• 警察署や交番でも免許の住所変更はできるの? 免許の引越し手続きを警察署や交番で行える地域もありますが、 最寄りの警察署で免許の住所変更に対応できるかどうかはお住まいの地域によって異なります。

9