参加 させ て いただき たい。 「いただく」「頂く」「戴く」の意味と違いと正しい使い方・分け方

参加したいという意思を表明したいのに、~思います。

16

セレモニーパーティには出席いたします。

4

勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご参加〜」• その際は相手に敬意を払って正しい敬語を使い伝えていく必要が出てきます。 「参加させていただきます」には相手を敬う、相手を持ち上げるという意味があります。 なので「是非参加させていただきます。

12

あるセレモニーパーティに誘われた場合 Thank you very much for your invitation. 「いただく」の他の類語には、「頂戴」や「賜る」などがあります。

13

ご査収くださいますようお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取ってくれるようお願い!」• 「出席させていただきます」も、結婚式やパーティーなどの案内状の出欠の返事などに見られますが、こちらも出席してほしいという相手からの依頼や恩恵を得て出席させていただくという気持ちで使われていると考えられます。 「もらう」以外のいただくにはこのような意味があります。

19

もしも感謝の気持ちを強く押し出したければ、「是非参加させていただきます」や「喜んで参加させていただきます」のようにも書くことができます。 活動内容は随時更新しております。 使える状況や場合を把握して、正しく使うようにしましょう。

4