秋田 新幹線。 JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社

- ウィキニュース(2006年2月11日)。

12

しかし、同年7月に、学識経験者、JR東日本などによって組織された「新幹線・在来線直通運転調査委員会」がミニ新幹線のモデル線区として - 間を正式に決定した。 25億円は全額償還され、所有車両は23億5400万円でJR東日本に売却された。

17

3月18日:盛岡駅 - 秋田駅間で4往復のみで運転再開。 2021年3月1日 関東 ツアー・旅行商品• この事故の影響で盛岡駅 - 秋田駅間で運転見合わせ。 2018年8月2日閲覧。

8

への工事が進捗すると、秋田、大曲駅構内の改良工事と(南秋田運転所、現:)に新幹線車両の修繕施設との建設も進められた。 男鹿線の起点はであるが、全ての列車が奥羽本線経由で秋田駅に乗り入れる。 JR東日本が競合するとの比較広告を出稿する初の事例であった。

以上より、東北新幹線区間では、高速化のための各種施策が続々と着手され実現されつつあるが、肝心の秋田新幹線(狭義)区間においては未だに構想の域を出ていない。 秋田新幹線とは 東京駅と秋田駅を東北新幹線・田沢湖線・奥羽本線を経由して結ぶ列車です。

9

- 東日本旅客鉄道• 「」『毎日新聞』毎日新聞社、2018年6月20日。 内訳は秋田県秋田市、大仙市、仙北市、美郷町と、岩手県盛岡市、滝沢市、雫石町の5市2町と、それぞれの自治体の議会、商工会、観光協会。

7

(平成23年)• こまち号は全車指定席、やまびこ、なすの号はグリーン以外自由席) 東北新幹線内は、E5系と併結運転のため17両で運転されます。

また、この貨車を用いたを「トロッコなまはげ号」()・「トロッコりんごっこ号」 ()・「トロッコトタトタ号」()として、各線へ向けて運転した。 : - 間で、下り「こまち25号」の先頭車両が。

4