フルーツ バスケット カップル。 フルーツバスケットはとりと繭の最終的な関係性を考察!雪が溶けたらのセリフに涙! | マジマジ情報局

スチール(粉体塗装)• びっくりです。 誰にでも従う素直な性格に見えて、実は自己中心的。

20

咲の両親 声 - (父)、(母) 咲・恵姉弟の父・母。 生徒会室で初めて由希と会った時も、彼女は生徒会室をめちゃめちゃにしている最中でした… その様子を見た由希は心配しますが、真知は無言で片付けます。 蔭山 瑠璃子(かげやま るりこ) 海原高校2年で、睦生の同級生。

最も早く呪いが解けており(そのため作中で変身した姿は出てこないが、『ファンブック〔猫〕』ではスズメが描かれている)、それを知っているのは慊人のみだったが、紫呉は薄々気付いていた。

8

販売協力: まんがDVD タイトルは『「フルーツバスケット」音声入りまんがDVD〜旅立ちの日、再び〜』。

また、行動の基準が慊人を優先することに終始するため自我を抑えている節があり、本人曰く「暇を貰っても何をすることもなく」とのこと。

1

そうして慊人に絆の脆さを思い知らせることで、彼女が神の立場を放棄し、父親の呪縛 から解き放たれ女性として紫呉自身に向き合ってくれることをずっと願っていた。 真鍋 理(まなべ みち) 睦生が姉のように慕う女性。

7