フッ 化 ポリイミド。 「対韓輸出規制」、電子機器メーカーの怒りの矛先は日本に向く?:湯之上隆のナノフォーカス(15)(1/4 ページ)

輸出貿易管理令では、「どの国」へ「どのような商品」を輸出するのかということに焦点が集まります。 韓国はこの制度を利用することによって、日本から半導体、ひいてはスマホ製造に必要な部品を日本の企業から手早く輸入しているのです。 2019年7月8日、韓国のテレビメディアでも連日、日本からフッ化ポリイミド、レジスト 感光材 、エッチングガス フッ化水素 の3品目が、輸入できなくなると伝えられている。

関連項目 [ ]• この方法では反応溶液中でポリイミドを得ることになるので、当然のことながらポリイミドが溶媒可溶性である場合にしか適用できない。 サムソンに代表されるように、韓国では半導体を取り扱ったメーカーが多数存在しており、日本が半導体部品を供給しなければ半導体製造がマヒするという事態に直面することになるからです。

4

製造方法 [ ] 2段法 [ ] 現在工業的に利用されているもっとも一般的な合成方法である。

そしてそれに続いて経済産業省から発表があり、4日から上記3品について規制が始められるとしています。 しかしながら日本としても輸出先が一つ潰れたとも言えることであり、少なからぬダメージを予測している人もいます。 韓国政府はこの決定に対しWTOへの提訴などを表明し、冷え切っている日韓関係に拍車がかかるものと思われます。

となると、Apple、HP、Dellなどの怒りの矛先は、DRAMメーカーのSamsungとSK hynixではなく、対韓禁輸規制を行った日本政府に向かうだろう。 その他の国や地域と同じように、普通の輸出手続きを課しただけの事。 テトラカルボン酸2無水物とジアミンを原料に等モルでさせ、ポリイミドの前駆体であるポリアミド酸(ポリアミック酸)を得る。

8

また、対韓輸出規制の対象になっているレジストは、2019年から本格的に、先端半導体製造に量産適用が始まったEUV(極端紫外線)用であるという。 この方法では反応溶液中でポリイミドを得ることになるので、当然のことながらポリイミドが溶媒可溶性である場合にしか適用できない。

6

の絶縁層に用いる場合、ポリイミドのフィルムに層間の電気的接続を確保するための導通孔(スルーホール)を開ける必要がある。

18

その半導体は、ロジック、DRAM、NANDフラッシュなど、種類を問わない。 *フッ化ポリイミド・ポリイミドを生産する主な国産メーカー:ダイキン工業(原料6FDA)・JSR(加工材料)・カネカ(超耐熱性ポリイミドフィルム)・旭化成(感光性ポリイミド)・富士フイルム(感光性ポリイミド)など フッ化ポリイミドの用途 フッ化ポリイミドはポリイミドの特性に加えて様々な特性を有し、 さまざな分野で使用され、研究されている化学製品です。 ここで R および R' が芳香族である場合を 芳香族ポリイミドと呼び、工業的に利用されるほとんどのものがこの芳香族ポリイミドである。

16