山本 つぐみ。 つぐみ (女優)

ドラマ『』で、盲目の女性・薫(五藤詩織)役を演じる。 スナップキッズ・ピカキレ・父と娘篇 1997• 政子(つぐみの母) -• ・モノボール 1985• 人生 まりあと母と父とで三人で暮らし始めた。

17

プロデューサー - 、• ファンケル 新FENATTY(2004年)• 鍵がない(2005年10月8日公開、監督 山田英治) - 主演・村上美沙子 役• の恐怖物語(1997年9月4日、)• 企業イメージ• つぐみの姉の陽子ちゃんとケーキ屋のアルバイトをしていたまりあは、最後のバイト料をもらいに行き陽子ちゃんと一緒に帰ってくる。 山本旅館のすぐ裏の田中さんの家で飼われている。

(1999年10月23日公開、監督 ) - 主演・北原紗月 役• 告白 朝から降る雨の日、つぐみは寝込んでいる。

1

1989年3月20日、より刊行。 ・ベガジャンクション 1986• (3月30日-5月28日、) - 水島牡丹 役• まりあの父 -• 正おじさん 政子おばさんの夫で、陽子ちゃんとつぐみの父親。 権五郎の飼い主。

4

2018年現在の所属事務所は不詳(前所属事務所オフラインチェックとのマネージメント契約は2007年に終了)。

まりあは、体力の限界をとっくに超え自分の命を投げ出し、ひとりきりの思考で生きてきたつぐみに気付く。 母とともにつぐみ宅である山本旅館に身を寄せていたが、父と先妻との離婚が成立したため、東京で親子3人で暮らすことになる。

10

そんなつぐみが、東京への引っ越しを控えて海から離れるのを寂しく思う主人公のあゆみに向かって言う言葉です。

2

権五郎 ポメラニアン。 世界の隙間 opening of the world• (4月5日-6月28日、) - 九条アサギ 役• つぐみ -• つぐみからの電話で旅館がたたまれることを知り、山本屋最後の夏に向かうことになった。 読者に容易にイメージをさせるその描写力は、著者自身の感受性の高さが垣間見えます。

11

・私はコレで会社をやめました 1985• つぐみとポチの散歩に出かけた際に、犬をきっかけに最後の夏を共にする武内恭一と出会う。 つぐみの従姉妹であるまりあは幼少期からつぐみと共に、つぐみの両親が営む西伊豆の旅館に住み込んで暮らしていたが、大学進学と同時期に東京に住む父親が前妻との離婚を正式に成立させたため、春先から東京に引っ越すことになる。 つぐみは、自分は死ぬはずだったこと、まりあへ手紙を書いたことを伝える。

19