イルミナティカードコロナ。 イルミナティ・カードが新型コロナを予言という「嘘」 マスクの絵で墓穴を掘ったか

続いて、こちらのカードは特徴的的な形状の建物の上を悪魔が飛翔し、周辺も悪魔が取り囲んでいる様子が描かれています。 こちらの「CHANNEL-ZOO」というYouTubeチャンネルでは、カバラ数秘術という占いを根拠に志村けんさんの死は何者かによる暗殺であり、新型コロナの恐ろしさを国民に植え付けるために殺されたといった内容が主張されています。 「大量逮捕」とセットになっているのは「金融ショック」! (佐藤めぐみ/エトセトラ) 【こちらの記事もどうぞ】 ・ ・ ・ ・ ・. さらに、同事件を巡り全米各地で巻き起こっている大規模デモは、まさに社会的大混乱を言い当てていると言えるだろう。

9

また米国で起きた9. また、そのイルミナティカードが暗示する内容とは・・・ 詳しく考察していきます。 はたして、これは一体偶然なのでしょうか・・・ 特徴的な形のタワー、その近くにオレンジの壁。 ちなみにこの説に対しては、他の予言と比べて一致率が低かったため「こじつけ」ではないかと判定している。

6

では一体なぜ過去形なのかといいますと、 同説を挙げている媒体は2017年周辺の情報ばかりであったためです。 このように、ざっと見ただけでもイルミナティカードには今回の新型コロナ騒動を予言しているかのように見えるカードが次々と出てくるのです。

2

イルミナティカード予知:911 あまりにも有名なこのイルミナティカード。

17

この動画は何をいっているのかちょっと理解不能なのですが、志村けんさんの名前や、生年月日、没年月日には、このカバラ数秘術で特別な数字とされる「33」「911」「119」「11」「23」などが組み込まれており、これこそが志村けんさんが暗殺された根拠であるという事のようです。 11」という数字が浮かび上がるため 東日本大震災を予言していると言われます。 「Plague of Demons」新型コロナウイルス (画像引用元:Twitter) 現在、世界中で流行している新型コロナウイルスを予言していると言われているのが「Plague of Demons」のカード。

8

Cは同じ形をしているためアメリカに関係する人物を表しているといわれています。 壊滅した街に放射能・・・ このマークが暗示しているのは、 災害による原発事故か 核による放射能汚染でしょう。

13

文字を逆さまにすると、浮かび上がる文字は 「 CORONA」 に、見えるような、見えないような・・・ 【スポンサーリンク】 イルミナティとコロナウイルスの関連性 人によってはこじつけとも感じるであろう、イルミナティカードではありますが、もう一つだけ信憑性が増す話を。 再選を目指す戦略に大打撃となるでしょう。

そして、ペンタゴンが炎上している「Pentagon(ペンタゴン)」。 日付としては 2017年5月11日がもっとも騒がれていたのでしょう。 偶然にも、アメリカ・ワシントンの形はひし形なんです。

10