5g ムクドリ。 5Gの実験中に鳥297羽が謎の突然死!「まるで殺人現場」牛も異変…人体への影響は!?=オランダ

細胞を傷つけるエネルギーを持たない。

熱作用により健康に悪影響が生じることはありません」 また、太陽光や落雷といった天然のものから、電子レンジやテレビなど人工的なものまで、日々、さまざまな電磁波にさらされている中、5Gの電磁波だけが特別に影響を及ぼすと考えにくいものです。 新しい5Gが普及することによって、 これまでなんとも無かった人が新たに電磁波アレルギーを発祥する可能性もあるのです。

電磁波アレルギー(電磁波過敏症)などの人は、頭痛など体調不良を引き起こすことが知られています。 上記の二点を押さえておけば、なんでムクドリが次世代通信規格の5Gが原因で大量死した、が胡散臭いものであることが脊髄反射的に理解できると思うのですが。 今年4月以降、日本各地で基地局の設置が進んでいる。

19

あくまで雄ラットにのみ症状が現れ、しかも検出できた腫瘍の数は非常に少なく統計的には偶然に発生する確率と言えるレベルです。 オランダ・ハーグであったという嘘・デマでは、ハイヘンス公園付近で実験が行われており同時期に大量死があったとのことでした。

17

Tags• 電波が強くなり健康被害を懸念する声もあがっています。 この様な事は、ノルウェー、スウェーデン、オーストラリア、アメリカでも起こっています。

この場合、 5Gの電磁波と健康被害の相関性を確認するには情報も根拠も不十分と考えられます。 さらにその記事も、反5Gの陰謀系サイトを複数運営するJohn Khules氏がFacebook上で拡散していた内容を参照しながら書かれたものでした。 レーザービームのようなものさ。

世界には、人体に悪影響を及ぼすという論文や研究結果を報告する科学者も少なくありません。

20

さらに、マークスティール氏に鼻血の被害を訴えた人物は11歳の少年と55歳の女性。

19

しかし、デマや嘘に惑わされるのではなく、正式発表されたデータをもとに5Gと向き合うことが大切になるでしょう。

20