お 気遣い いただき。 「お気遣い」の意味と使い方(上司・目上)!返信の仕方や例文!

そしてこの2つの言葉の 目上の人や 上司に対しての 使い方も紹介します。 「お気遣い」は、「気を使う」ですから、 神経を使って相手のために行為をしたり言葉をかけたりすること、を意味します。

このように、 「お気遣い」は一定のマナーやマニュアルの範疇にある言動であるのに対し、 「お心遣い」はその範疇を超えた言動と言えるでしょう。 (やんわりと断りながら感謝を示す)• (41ページより) 感謝のフレーズにプラス お気遣い 例: お気遣いいただき、ありがとうございます。

8

ビジネスシーンでも使用することの多い言葉で、一見まったく同じような言葉に思えますが、実は違いがあります。 「気遣い」の意味は、「あれこれと気を使うこと」「よくないことが起こるおそれ。

2

「心遣い」(お心遣い)を使ったメール例文 「お心遣いを賜り」はさらなる感謝 「このたびは、お心遣いを賜り誠にありがとうございます」 「お心遣い」の後には「いただき」「くださり」が来ることが多いのですが、改まった場や相手へ格別の感謝を伝えたい場合には「賜り」を使うとさらに強い気持ちを表すことができます。 相手が気付かないような部分にも心を向けて、心地の良いように、スムーズに行くように先回りした行動や準備が必要になります。

9

上司や目上の人に使う時は? 「お気遣い」、「お心遣い」、いずれも「お」がついており、目上の人など敬意を払うべき相手からの気配りなどを表す言葉です。 「お心遣い」はご祝儀や香典など、 金品をもらった時のお礼の言葉として使うことができます。 「気遣い」という意味でも使いますが、 考えてくれる「考慮」や、考えて何かしてくれるという「配慮」に近い言葉です。

つまり、「お気遣い」「お心遣い」は、相手の気遣いや心遣いに対して使う丁寧表現になります。

3