Google ドキュメント の 自動 文字 起こし 機能。 録音したmp3データをGoogle音声入力で一瞬で文字起こしする方法

c-btn-round2:disabled:hover:before,. 音声データを再生して聞く• 25s ease-in;animation:swal2-rotate-success-circular-line 4. 8em;padding:10px 20px;line-height:1. 文字による会議の実況中継や議事録のリアルタイム作成もできる? 音声入力と共有機能を組み合わせると、会議の様子を文字で実況中継したり、議事録をリアルタイムに作って、離れた場所にいる人と共有することもできると思います。

私は専ら動画再生で使っているフリーソフト「VLCメディアプレイヤー」を使いました。 実は、文字起こしの機能はZoom自体にも搭載されています。

8

1em;line-height:18px;background:rgba 0,0,0,. タイムラグなく即座に文字作成。

1

音声が認識されると、マイクの周囲に同心円が表示されて、音声を認識されていることがわかる仕組みになっています。 再生スピード=文字起こしのスピードですので、急ぎの場合は様子を見ながらスピードをあげてみるといいかもしれません。

20

ミーティングをクラウド記録しておくと、自動で音声が文字に変換されるのです。 これを選択するとマイクのアイコンが現れるのでクリックすると、音声を認識し始め、Googleドキュメント上で文字に変換されていきます。 46875em;padding:0;-webkit-animation:swal2-rotate-loading 1. その場合の対処方法については、次の記事を参照してください。

14

1em;line-height:1;margin-bottom:45px;padding-bottom:45px;font-family:"Lato",sans-serif;letter-spacing:. このため、自分の声と画面の向こう側にいる相手の声をどちらもリアルタイムで文字起こしするためには、別のソフトを使ったり煩雑なセッティングをしたりしなければいけません。 事前設定が必要な理由 普通、Googleドキュメントで自動文字起こしができるのは、パソコンの前でしゃべった言葉です。

7

5 ;border:1px solid fff;border-radius:5px;font-size:25px;line-height:1. ぼくは実際に文字起こしが止まってしまう前に、わざと自分で「オフ」にして、すぐに「オン」にしています。 」「?」「!」あたりは打ち込まれず、改行もできない模様。 しかしときには音声データをテキスト化したいこともあると思います。

10

テストしてみました 上記のツールを使うことで、パソコンで再生されている音がマイク入力にも音声信号そのままで入力されます。 そして、音声入力をオンにすると、会議の内容が文字に変換されて自動的に入力され、離れた場所にいる本社のメンバーにもリアルタイムで表示されます。

4