ドゥカティ スクラン ブラー sixty2。 ドゥカティ・スクランブラーSixty2を試乗した感想

乗りやすさを考え幅と厚み、硬さなどを細かく突き詰めた。 空いたスペースに好きな番号を描いたり自由にできる。 この辺はイタリア車らしいセンスを感じます。

5

群馬県 0• 初めて大型バイクを乗る人でもオススメのモデルだ。 今まで毎週末いや毎日のように社員の誰かが、 借りて乗っていたスクランブラーがなぜだか最近空いている。 馬力も十分! 乗り味は、スポーツよりのオフロードバイク、つまりモタード系?といった印象で、アクセルをちょっと捻るだけでフロントが上がりそうだ。

3

このスクランブラーは。 うどんが来たらすぐに食べ始めるから、撮りづらいよ……。

17

トライアンフのスクランブラーは「クラシックバイク」を「オフロード」よりにしたバイクといった印象だったのだが、 ドゥカティのスクランブラーは「最新オフロードバイク」を「クラシック」よりにしたバイクだと僕は感じた。

7

今回はDucatiの400ccバイク スクランブラーSixty2がオールマイティーで最強の相棒になりそうなのでオススメポイントを紹介していきます。 専用設計のスチール製スイングアームによるしなり感、そしてホイールベースが15㎜伸びたこともあってか、高速道路のレーンチェンジなども割とねっちりしている。

ブレーキも同じブレンボ製だがコンベンショナルな2ポットタイプとなるなど、排気量に合わせて最適化。

16

細部のデザインやパーツは異なるが、803ccの空冷L型ツインエンジンを搭載した「アイコン」「クラシック」「アーバン・エンデューロ」「フル・スロットル」の4モデルをリリースした。

1