スクライド 漫画。 カズマ(スクライド)

エマージー役の千葉一伸は、では当初「 スクラップ・ライド」の略称で主人公達が廃品を集めて乗る物だと予想した。 カズマ以外の人間には常に敬語で接し、周りからは「礼儀正しいいい子」というイメージで見られているが、本人は心のどこかで他人と距離を取っていた。

5

タイプはカズマのシェルブリットの簡易版に近い。 エターナル・デボーテ(シェリス・アジャーニ) 具現型。

麻薬や売春などが横行されている未開発地区の地下街で働いており、賭け試合に待機するカズマの世話係として登場。 その他アニメ版の一部キャラは出番をカットされた反動で、完全な脇役になっている。

20

死に際、ジグマールの悪行をカズマと劉鳳に伝えようとして、瓜核にトドメを刺される。 なお、能力名は意図的に「スクリプト」ではなく「スプリクト」となっていて、ちょっと注意しないと見聞きし過ごしてしまうということを表しているらしい。

8

複数体作ることができ、即効的に作れるが消えるのも早く、仲間の精神力が弱まるとアルターも薄まる。 しかし、その直後に新たな敵として現れたアルター使い・無常矜侍によってかなみが連れ去られてしまう。 肘の部分には穴が開いており、圧力を操って空気の壁を生み出し防御に使ったり、空気の塊を弾として撃ち出せる。

10

再隆起後のカズマとかなみの状況が変わっており、かなみは強制労働ではなく自らホールドの町の復興に協力しており、カズマは至る所を転々としており酒びたりの荒んだ生活をしていた。

3

演出チーフ - 吉本毅• 須藤 聡(すどう さとし)(声 - )• 右腕がハンマーとなった巨大ロボットを作り出す。 絶対知覚(イーリャン イーリャン3 イーリャン4) 具現型。

今の状況をありのままに自分の選んだ結果として受け入れられる人間が人として真に自由であり、 幸せであるとこの作品は表現していると思う。

6

カズマを最も信頼する一人であり、逆境の際には弱音を吐きながらも、常にカズマと行動を共にしていた。 音響監督 -• (ディス) スゥのアルター。 一時はT・Tに囚われ、彼のアルター能力によって人格を変えられてしまう。