羞恥心 意味。 「羞恥心」の意味と使い方|5つの例文・類語3つ

もし、自分に自信があり、「人よりもうまく話すことができる」という自負があるなら、恥ずかしがらず、むしろ自分から進んで人前に出ようとするはずです。 (出典:大辞林 第三版) 「羞恥心が消えない」とは「恥ずかしさがなくならない」という意味です。

11

羞恥心とは、人と接する場面で失敗をしたり、失敗を想像したりなどすることによって、恥じらいを感じる不安感情という意味です。 羞恥心の心理とは 自分は人よりも劣っていると思っている 人前に出たり、人前で話したりするときに羞恥心を抱く人には、「自分は人よりも劣っていると思っている」という心理があると考えていいでしょう。 (出典:阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』) 類語 ・ 恥じらい( はじらい) 意味:恥ずかしがること。

18

最初は恥ずかしさで頭がいっぱいになって考えられないかもしれませんが、少しずつ考えるようにして、恥をかくシーンと自分を切り離すトレーニングを続けていきましょう。 なので、羞恥心をなくすためには失敗を恐れないための心構えを作ることが必要となります。 自然と胸を張って生きることができるようになります。

4

(出典:デジタル大辞泉) ・ 廉恥心( れんちしん) 意味: 潔白・正直で、恥を知る気持。

羞恥心は恋愛にも多い いかがでしょうか。 そもそも、自分の存在がいいとか悪いとか、正しいとか間違っているなどと自分を裁くことは、それ自体、無意味なのです。

18

恥ずかしくなるようなシーンを見たら「相手の失敗は相手のせい、自分は関係ない」と考えて、自分とその人を結び付けないようにしましょう。 コミュニケーション能力が自分にはないと思っているため、人前に出ると恥ずかしく感じてしまうのです。 相手がそんなあなたを優しくフォローしてくれるのであれば、次第に収まってくるでしょうが、そうでなければその人と会う度に感じるはずです。

13

しかし、恥をかくことを恐れすぎて、本来の力が発揮できなければ、恥をかくことがなくても、良い結果も残すことができないので意味がありません。