呪術廻戦 じゅがい。 呪術廻戦 全話ネタバレ解説まとめ【最新話あり】

玉折編で夏油に呪殺され、彼に組織を乗っ取られた。 一級呪術師。 。

2007年に呪術高専を訪問した際、当時3年だった夏油と会話する。

6

主要人物 虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ) 声 - 本作の。 物体を吸い寄せる力で、周囲を更地に変えることも可能だが、大きな反応を自分の近くで発生させられない弱点がある。 高度な 結界術の使い手で、補助監督の帳などの強度を底上げしている呪術界の要。

一方で、入れ替え後の偽夏油の脳には生前の夏油の肉体の記憶が流れている。 上記の出来事があり、好みのタイプとして、津美紀のように「揺るがない人間性」を持つ女性を挙げている。 作者の芥見は彼の語彙について、「」は肯定、「」は否定を意味するなど、一定の法則性があることを示唆している。

20

享年11歳。 弱者、特に女の子を一方的にいたぶるのが好き。

8

フードの付いた服をよく着用している。 奏でたを増幅させ呪力として撃ち出す術式を使う。 たとえば、呪術師の一人である七海は「」という記号と、大まかな過去や動機と性格だけで構築されており、彼の口から「世の中の大半は善人でも悪人でもない」という言葉が飛び出したときは、彼が他人に見えて安心したと芥見は振り返っている。

16