ボイラー 技士 2 級。 ボイラー技士2級の勉強方法と勉強時間をそれぞれサクッと解説!

ほとんどが暗記問題ですので過去問を繰り返し解くほど点数が上がります。

9

これは、2級ボイラー技師の試験で暗記しておく必要があります。 お問合わせはまでお願致します。 世間一般的にはあんまり馴染みがない資格ですが、ビル管理業界では定番の資格です。

免許取得には講習や実務経験が必要 試験を受ける前に職業訓練校の学習・経験、半年以上のボイラー実地研修などを修了している方は、本試験の筆記に合格すれば免許の取得が可能です。

16

なかなか本を読んで勉強する時間がない方や移動時間に勉強したい人にはSATでサクッと筆記試験対策をして、2級ボイラー技士に合格しましょう! 5.まとめ 2級ボイラー技士は根強い人気を誇る資格の一つです。

未経験でボイラーを管理したことがない人に比べれば、格段に仕事幅は広がるでしょう。 ただ、独学をする際にいくつか注意しなくはいけない点もあります。

1

(ボイラーの取り扱い経験がある方は実技講習を受けなくても良い場合があります)• 関連記事• ビルメンテナンス会社 ビル管理・ビル設備• インデックス• 合格後は 労働局に免許申請をすることで資格を取得できます。 この繰り返しで2級ボイラー技士は1発で合格が狙えます。

「手に職がつく仕事」ですから、長く続けられるメリットがあります。

3

危険物乙4は引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノール、重油など)を取り扱うことのできる資格なので、2級ボイラー技士の試験範囲に含まれている重油の問題も出題されます。

19

年に1回それぞれの都道府県で出張試験をおこなっているので、近場で受験したい方は出張試験で受験することをオススメします。 作成した受験申請書を、試験センターに提出しましょう。 ボイラー技士の資格を取得していれば転職も有利になりますので、まずは二級ボイラー技士の資格取得を目指しましょう。

18