レスポンス 意味。 「レスポンス」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

関連相談• Webサイトを閲覧しようとURLを入力したときに、Webブラウザで「404 Not Found 」や「500 Internal Server Error」や「503 Service Unavailable」などが表示してしまったことはありませんか?これは、何らかのエラーがあってWebページが見れなくなってしまったときの結果がWebブラウザに表示した例です。 例えば仕事において、頭がいっぱいになる時もありますよね。 「反応」「応答」の意味で使われる場合 クライアントや消費者の反応を、レスポンスと表現することもあります。

20

「対応」の意味で使われる場合 レスポンスは、先に挙げた「返信」や「応答」を含めて、広範囲な「対応」を表す場合もあります。 アクセルを踏んだときに、すぐにトルクが立ち上がるピックアップのいいエンジンは、レスポンスのいいエンジン。

18

IT「レスポンスタイム」とは 「レスポンス」を使ったカタカナ熟語に「レスポンスタイム=response time」があります。 但しURLは1サイトに1つが原則ですのでどちらかに統一をする必要があります。 一般的にwwwが無く短いほうが覚えやすいやwwwが合ったほうがWebサイトを象徴しているようで分かり易いなどのような理由で意見は分かれますが、全体的にサービスサイトは「www無し」でコーポレートサイトは「www有り」のURLが多い傾向にあるようです。

11

信頼される ビジネスにおいて最も機会損失につながりやすいのは、レスポンスが遅れることです。 この場合は、「Please respond to me(私に返答してください)」のように使われます。 「悩むなーどっちがいいかな?」といった、相手の反応を伺う返事もOKです。

12

ちなみに、コールアンドレスポンスは歌に限ったものではありません。 ビジネスの世界では「優秀な人」を定義するのは簡単ではありません。

9

新製品に関する消費者からのレスポンスがどうなるか期待している 「対応」という意味で使う場合 「返事」を含めて、「何かしらの行動を起こす」という意味の「対応」も「レスポンス」で表現することができます。 今回は、「レスポンス」の意味と使い方をご紹介します。

17

基本的に早いレスポンスは相手の信頼を作りますが、ビジネスシーンでのレスポンスは内容によって判断してタイミングを考えることが、ビジネスの成功につながるでしょう。 レスポンスが早い人になるためには? 普段から「レスポンスが遅いよ」と言われている人は、努力次第で「レスポンス」のスピードを上げることができます。

1

とくにアイドルのコンサートでは、コールアンドレスポンスがよく用いられます。 大切なのは、人から見てきれいかどうかより、自分にとって使いやすい配置、分かりやすい手順を確立して、情報を取り出しやすくすることです。

レスポンシビリティとは「レスポンス」と「アビリティ」が合体した言葉です。

4