津軽 鉄道。 津軽海峡線

トム1形 (1 - 3) 1929年、日本車輌製造支店製のの同形車で、開業用として12両(トム1 - 12)が製造された。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• そのため乗合自動車業に進出することとして1934年金木自動車合資会社の路線を買収したのをはじめとして近隣の乗合自動車会社の路線の買収に乗り出し路線拡大につとめた。 例えば、地域の広告塔としての価値であったり、沿線自治体を全国区にする価値であったり、地域を有名にすることでその地域の特産品が都市部でも売れるようになったり、観光客が来ることによって地域にお金を落としていただけるきっかけになることもできるでしょう。

以上2つの案を検討した結果、利用区域の拡大と、機関車の能力を主眼として、「六郎越」の採用が決定した。

数字で示そうにも毎年右肩下がりのデータしかありません。

8

」と社会的に高い評価を受ける時代が来ても良いのではないでしょうか。 そういう使い方ができるはずです。 JR五能線の中心駅のひとつ、JR五所川原駅に隣接するかたちで、津軽鉄道の津軽五所川原駅舎があります。

13

輸送量は減少している。 - 津軽鉄道、2015年12月15日• (昭和16年) - 一野坪駅、下岩崎駅、毘沙門駅 、川倉駅 休止。

JR五能線は、秋田県能代市の東能代駅と青森県南津軽郡田舎館村の川部駅を結ぶローカル線ですが、秋田県側の秋田駅と青森県側の弘前駅を始発とする列車が多くなっています。

20

トム1(1977年) サポーターズクラブ [ ] 2006年1月、津軽鉄道の存続を願う市民の気運を盛り上げる目的で、「」が発足した。 2020年8月、のによる「バーチャル津鉄旅」を実施。 沿線出身のであるの作品から「」の愛称がつけられている。