ブック ライナー。 トーハン

8月 - 株式会社トーハン・メディア・ホールディングスを設立。 株式会社トーハンロジテックス - 出版物流事業、物流受託事業、人材派遣事業• 3月 - 文具・雑貨の大型売場「nota nova」1号店オープン• 株式会社兼商 - 北海道エリアの出版物卸売業• 8月 - 株式会社トーハン・ロジテムを設立• 11月より、他取次の雑誌返品業務受託開始。

12

(平成13年)• これは、環境悪化をむしろ好機と捉え、取りこぼしていたかもしれないニーズを積極的に獲得していくための仕組みを書店様に提供し、新たな市場の創造をも促す画期的なシステムです。 「プラスゲオ」のFC事業。 (昭和34年)9月 - 創立10周年。

株式会社トーハン・コンサルティング - コンサルティング事業、一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業、出版業界専門求人サイト「出版. 参考文献 [ ]• 東販リーシング株式会社 - 金融事業、リース業、保険代理店、不動産仲介業• (昭和25年)11月 - 本社新社屋(九段)の落成。

18

近年の雑誌の市場環境をみると、売上は慢性的低下傾向にあります。 週刊新潮側はスクープ記事を週刊文春に潰されたと批判し、週刊文春側は情報の不正・不法入手や記事盗用などを否定したものの、トーハンは記事を貸し渡した事実について認め、謝罪している。 (平成30年)4月16日 - 電子書籍販売サイト「Digital e-hon」のサービスを4月27日をもって終了する事を発表。

20

(昭和33年)1月 - 東販自動車株式会社を設立。

16

協和出版販売株式会社 持分法適用関連会社 [ ]• 11月 - 「本の探検隊」を大幅にバージョンアップさせたオンライン書店、全国書店ネットワーク「e-hon」オープン。

12

2月 - 初の海外法人として、台湾で出版事業を行う現地法人「台灣東販股份有限公司」を設立。 12月 - とオンライン書店、電子書店、リアル書店の3チャネルで連携を開始• 株式会社トーハン・システム・エンジニアリング (株式会社トーハン・コンピュータ・サービスへ吸収合併) その他 [ ]• 株式会社トーハン・メディア・ウェイブ - AVソフト・マルチメディア商材・書店用品等の卸売業販売• 沿革 [ ] トーハン桶川SCMセンター• (昭和31年)2月 - 出版関連の調査・研究機関として出版科学研究所を設立 (1969年より「全国出版協会」に移管)• 2017年5月中旬、が掲示するの内容がトーハンを通じてに事前に漏れていたとする記事が週刊新潮に掲載される。

4

- 台湾において中国語版を出版している。 4月 - より株式を取得し、株式会社と資本・業務提携• (平成3年)10月 - 東販TONETSを発展させた出版情報・流通ネットワークシステム「SUPER TONETS」誕生。

13

【新しい管理システム 3つの機能】 読者直送業務代行による配達外商支援. 独自の中小書店支援の取り組みとして、注文した商品を書店の店頭で受け取れるのe-honや、客注商品の速配サービスであるブックライナーを運営している。

14