一生 餅。 一升餅はどっちの親とする?誰が用意する?【事前準備を紹介】

お店で一升餅のお祝いをすると、お金はかかりますが、用意してくれるのでかなり楽できます。

16

8kg)のもち米が用いられ、お餅になると約2kgにもなります。 特に、お餅には、米粒が凝縮されるとみなされ、 新しく生命を更新、再生する特異な霊力が含まれると信じられていました。 また、ハレの日でない、普段の日のことを「ケの日」と言い、体が弱ったりして普段の状態「ケの状態」を保てない時にも食されていました。

一歳のお誕生日である「一升餅のお祝い」は、一升餅の一升(いっしょう)と、お子様のこれからの人生=一生(いっしょう)を掛け• あんこが入ったものや、大福餅もあるので、お好みで選んでみてはいかがでしょうか。 ものにもよりますが、賞味期限は約6ヶ月程度です。

7

古くは、鹿児島県では、お子様に新しい草履(ぞうり)を履かせて、のし餅(平たい餅)の上を歩くマネをさせていました。

11

サイズや選び方 サイズは、一升餅が入る大きさであることが重要です。 また、乾燥させて保存することもできます。 一般的な一升餅は、直径約22cm、厚み約5〜6cmなので、それを考慮して選びましょう。

15

お米の農耕の文化が根付いている日本では、「お米には特別な力」が宿ると信じられてきました。 現在、行われている一升餅のお祝い方法は、こちらで掲載+募集中!是非、地域の情報収集にお役立てを!また、情報もお寄せ下さい! お餅を背負わせる場合、一歳のお子様だと、立てたり、立てなかったりするものです。 例えば、当店のある長野県の中部地方では、一升餅を背負わせる他に、「箕(み、みの)」という穀物の選別に使われる農業道具に子供を乗せ、 『秕(しいな)は出て行け、実は残れ』と言いながら箕を揺する、ということも行います。

16