ケア プラン 文例。 ケアプラン 長期・短期目標(文例 記入例)1100事例|立てよケアマネ 記入例・文例・文言フリー

他者との関わりや活動を通して、生活意欲の向上が図れる• 安全におむつ交換ができる• 高度難聴があり、話が伝わらない 難聴の原因検索のため、受診がまず必要。 食品アレルギーを予防したい• 起き上がり動作能力の維持・向上ができる• 背部の褥瘡や湿疹を早く治し、良い皮膚状態で過ごせるように援助します。

14

起居動作が出来るようになってトイレで排泄する• 家庭における介護方法を奥様より伺い、対応マニュアルを作成する。 安全な階段の昇降ができるようになる• オムツを外してトイレで排泄できるようにする• 食欲が増し、必要な食事量が確保できる• 塩分を控えたバランスの良い食事が摂れるようにする• 寝たきりになりたくない• 指示された摂取量を理解することが出来る• 高血圧なので、体を動かして病状を改善させたい• 痴呆の初期症状であることもあり、専門医を受診する。 自力で食事摂取ができるようにしたい• 一人で入浴ができるように、練習していきましょう。

入院により歩行状態が不安定になったが、以前のように安定して歩ける様になる• 排泄の失敗を無くし、衛生的な環境で過ごす 排泄環境• 栄養を確保し健康的な生活が送れるようにする• 生活の中でなにか生きがいや楽しみを見つけたい• 元気だった頃のように〇〇をしたい• 尿意便意がないが、清潔が保たれた排泄ができる• 自分の思いを何とか伝えられるようにしたい• 介護者の認知症に対する負担を軽減させたい• 麻痺があるので、痛みと負担無くオムツ交換を行う• 歩行補助具(シルバーカー等)を使って買い物に行くことができる• 浴槽の出入り時の転倒を予防する• 自力で尿器の後始末ができるようになる• 糖尿病があるので、血糖がコントロールできる食事を摂ることができる• 家族が安心して外出し、自分の用事が出来るようになる• カテゴリ1:家族 ご家族を大切にしてこられた利用者さんなら、家族との関係は生きていく糧になります。

11

本人および家族の不安を解消する• 介護者の寝返りの介護負担を軽減させたい• チーム介護を活かすためのケアマネジメントとケアプランで本当のニーズを 課題を解決するためのチームであり、その課題について建設的に考えて実践しリスク管理をする専門職であり、みんなで知恵や経験を出しあえば仕事のやりがいもご利用者の満足度も格段にアップします。 口腔衛生指導。

6

介護保険制度の神髄は「要介護状態になる前の生活を取り戻すために自立支援を促すこと」です。 人と話をする事で、積極的な気持ちで過ごしたい• 拘縮や筋力低下が起こらないようにしたい• 健康管理と排便コントロールの管理を受けて定期的に排便がある• 神経精神科受診 身体状況把握のため内科受診 日中ボーっとすごすことが少なくなるよう家族を指導 デイサービスへの参加 近隣での集会への積極的参加を指導 最近食欲が落ちてきた 内科的疾患の検索とうつ病の診断・治療のための受診。

16

歩行動作能力の維持・向上ができる• 適切な〇〇食が摂取できる• あなたをキッカケに、「介護の仕事って楽しいんだよ」「介護ってかっこいいんだよ」と思ってもらえる仲間が増えることを祈っています。

19

心臓に負担がかからない程度の運動を行う• 定期的に日光に当たり、不安のない毎日を送る• 今の筋力や体力が維持できるように外出の機会を確保したい• 糖尿病があるが、出来るだけ食事制限なく栄養管理を行う• 介護者の入浴負担を軽減する• 自分で排泄が出来るようにしたい• ・「なじみ」がクライアントの静穏のために重要である。 食事量や塩分などの栄養が管理された食事を摂り、脳梗塞の再発を予防する• そのため入居後すぐにケアマネジャーは、食事、入浴、排泄について、ご本人やご家族から伺った情報をもとに、暫定ケアプランを作成します。 下肢筋力をつけ生け花教室までの距離が歩くことが出来る• 介助を受けながら、安心して入浴する• 食事量や塩分などの栄養が管理された食事を摂ることができる• 便秘が悪化しないように、健康管理に気を付けて生活したい• 褥瘡が治癒し、痛みなく過ごせる• 体圧分散を行うことで、褥瘡を完治させる• 食事中にむせることが多い• 介護者が行っていた家事が少しでも出来るようになる• 昔のように家族みんなと一緒に食事がしたい• ベッドからの起き上がり動作が安全にできる• 1人で自宅内での移動が安全にできる• 実際、ケアプラン作成にあたり「文章がワンパターンになってしまう」「本人の事情にぴったりな表現が見つからない」と悩むケアマネジャーさんも少なくありません。

17

残存機能を活用し、自力で移乗ができるようにする• 眼科的に問題なければ神経内科受診。 自力で靴の着脱ができるようになる• 最期まで家族と一緒に過ごすことができる• 家族や友人と会話をして楽しみたい• ふらつくことなく安定して歩くことができる• 感染症を予防する• 座位をきちんと保って食事が摂れる• 起き上がり動作能力の維持・向上ができる• 適切な介護方法がわかったら、随時マニュアルに追加し、対応を統一する。

13

病気が治ったら、また旅行へ行ってみたい• 水分をむせることなく飲み込みたい• 自力で爪切りができるようになりたい• ケアマネジメントと ICFでその人らしい生活課題(ニーズ)が浮き出る 従来、ケアマネジャーが作るケアプランにこのような趣味や娯楽、道楽ことは全く取り上げられることはありませんでした。 体を清潔にすることで感染症を予防することができる• 安心して安全に排泄したい• 誤嚥せずに食事後摂れるようになる• 移乗や移動時の転倒を防止する• 歩行が不安定で転倒することが心配なので、リハビリで体力・筋力をつけたい• ですので、是非一つ二つでもご利用者・要介護者が「もう一息頑張るぞ」「まだまだ楽しいことが待っているぞ」と思えるようなケアプランが増えてくるといいなあと思います。 心疾患により無理が出来ないが、バイタルサインに気を付けながら病気の悪化を予防したい• 人との交流、外出の機会など、生活の楽しみが出来る• 下肢筋力をつけ将棋教室までの距離が歩くことが出来る• 再び口から食べられるようになる• 褥瘡ができるのを予防する• 身の回りのことが自分で出来るようになる• 身体的・社会的状況を把握し可能な改善策を立てる。

10