諏訪 マタニティー クリニック。 代理出産や第三者卵子提供に挑んだ医師が憂う日本の不妊治療

(30代女性) ・適切に対処してもらったと思います。

13

不妊症の中には、夫婦間で治療すれば妊娠する可能性がある場合と、夫婦間では絶対妊娠が不可能な場合とがあり、私は後者の夫婦を「生殖障害者」と捉えています。 産科の方には3D画像で見るエコーもある。 不妊外来は夏期・冬季1カ月の休診があります。

12

親身になってくれる方が多く、励みになるという声もあり、とても好印象のスタッフばかりと言えそうです。

18

また、院長の根津先生は不妊治療に関する著書も多く、毎日新聞(長野面)でも7年間で計250回もの連載をされていた先生です。

病院名 椎名レディースクリニック 所在地 長野県飯田市小伝馬町1-52 地図 電話 0265-22-0304 行き方 【電車】 JR飯田線「桜町駅」下車 徒歩5分 隣接した駐車場があります。

6

混んでいますが、ネット予約やPHSの利用で待ち時間も把握しやすく良いです。 諏訪マタニティークリニック リプロダクションセンター 諏訪マタニティークリニック内の不妊治療専門の部門です。

14

(30代女性) ・他の病院では、きちんとした検査をしてもらえず、不妊の理由がわからなかったが、ここの病院ではちゃんと検査をしてもらったので、不妊の理由がわかったし、治療もできて子どもを授かる事ができた。

JR大糸線「島内駅」または「北松本駅」からタクシーで約5分。 いろいろと調べれば調べるほどわかりにくくなり、まとまった知識にはなかなかなり得ないのではないかと思われます。 ・タイミング法が主だったので経験値の高い先生にみてもらえることでとても信頼していた。