威風 堂々 作曲 家。 卒業式の曲!エルガー『威風堂々(第1番)』を解説!イギリス第2の国歌『希望と栄光の国』をBBCプロムスに聞きに行こう!

歌詞はイギリスの詩人 ()による。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]. 楽器編成 ピッコロ、フルート2、オーボエ2、コーラングレ、クラリネット2、バス・クラリネット、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバ、ティンパニ、スネアドラム、バスドラム、シンバル、弦五部 第6番(遺作? "The royal banner, and all quality, Pride, pomp, and circumstance of glorious war! この曲は三部形式をとり、序奏(イントロ)の部分に独創的な一捻りがあり、主調であるに対して? 「希望と栄光の国」(英:Land of Hope and Glory) 作詞:アーサー・クリストファー・ベンソン Land of Hope and Glory, Mother of the Free, How shall we extol thee, Who are born of thee? エルガーの友人でもあったロードウォルドと、リヴァプールの管弦楽団に捧げられた。 原題の 「Pomp and Circumstance」は シェイクスピアの悲劇 「オセロ」の中で使われる台詞で、 Weblio英和・和英辞典によれば 「Pomp」は「 華やかさ、華麗、壮観」、「 Circumstance」は「 事情、状況」の意味だそうです。

なお、JリーグやCMなど卒業式以外でなぜ使われているかについてもやはりはっきりとしたことはわからないのですが、記事でも紹介しているように本家イギリスで「第2の国歌」と言われるほど広く演奏されていることも理由のひとつではないかと思います。 オランダ語では「pomp」なので、英語ではなくオランダ語のほうが日本に流入し、「ポンプ」として定着しました。

14

この事件がもとで、エルガーはすでに彼の子を身ごもっていたエンマとともに一時イギリスに逃避行することとなり、友人の多くを失うこととなる。

18

というのは、「pomp and circumstance」という表現は、1901年にエルガーが 『威風堂々』を作曲する前からあったから。

2

子供の頃スケチブックに書いた曲の構想であることからエルガーの最初の作品であることを示す「作品番号1」がつけられています。 インターネット上の百科事典です。 そもそも大英帝国を称える歌であるにも拘らず、全く関係ないものにも使用されるケースもある。

13

また貴族趣味も芽生えた。 全5曲中でもっとも有名な曲。

5