カンザキ イオリ。 カリスマボカロP カンザキイオリ デビュー小説『あの夏が飽和する。』特設サイト|河出書房新社

そういえばパトカーに乗って警察署に連れて行かれる時、警察の人が家出の理由を聞いてきて、僕はなんとなく「家にいてもいなくても一緒だから。 欲 ほしかったのは 共感 きょうかんだけ。 人間が歌うことを想定していなかったのでセルフカバーの際も苦戦した。

20

君 kimi を wo 抱 da きしめたって kishimetatte、 叫 sake んだって ndatte 君 kimi が ga 苦 kuru しいことは shiikotoha 変 ka わらないや waranaiya グラグラ guragura で de 叫 sake んだ nda 曲 kyoku なんて nante、 僕 boku も mo 実際好 jissaisu きじゃないや kijanaiya 欲 ho しかったのは shikattanoha 共感 kyoukan だけ dake。 実は小学四年生の頃から、不仲な家庭に嫌気が差し、最低でも毎年一回レベルで家出をしていました。

19

命に嫌われている 2017年8月に投稿されたこの曲はカンザキが上京したての頃に作った曲。 既存の人気曲を再構築して発売。

1

もちろん犯罪です。 悲 かなしいから 歌 うたった。 — カンザキイオリ kurogaki0311 星野源さんに会うことが一つの目標になっているみたいですね。

17

何度 nando だって datte 歌 uta った tta。 僕 boku は ha 無力 muryoku だ da。 だが、その特徴的なバンドサウンドと研ぎ澄まされた、ともすれば過激な歌詞はシーンの「中心」というよりも、さらに尖った場所にいたアーティストのように映る。

UTAUという無料の歌唱合成ソフトを使って、オリジナルではなく、カバー曲を投稿していたんです。