狭霧 山 場所。 国之狭霧神

一、古事記に登場する神々の名前を見出しに掲出し、(1)読み(2)ローマ字、(3)別名、(4)登場箇所、(5)他の文献の登場箇所、(6)梗概、(7)諸説、(8)参考文献の各項にその内容をまとめた。 豊かで多彩な日本神話の世界へ。 暖かい水面上に冷たい空気が入り、水面から蒸発がおき、その水蒸気が冷たい空気に冷やされて発生するもので、実際は冷たい空気が暖かいやの上に移動した際にみられる。

20

紀……『日本書紀(3)(小学館新編日本古典文学全集)』(小学館、1998年) 風……『古風土記並びに風土記逸文語句索引』(橋本雅之、和泉書院、1999年) 旧……『先代旧事本紀神名姓氏名人名索引』(太田正弘、1965年) 姓……『新撰姓氏録の研究 本文篇』(佐伯有清、吉川弘文館、1962年) 各書の表示の方式については次の通り。 いつかは阿蘇の一宮町までの50キロを走破してみたいです。 参考文献 山田孝雄『古事記上巻講義 一』(志波彦神社・塩釜神社古事記研究会編、1940年2月) 倉野憲司『古事記全註釈 第二巻 上巻篇(上)』(三省堂、1974年8月) 西郷信綱『古事記注釈 第一巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年4月、初出1975年1月) 『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月) 砂入恒夫「古事記に於ける「天之」に就いて」(『古事記年報』13、1969年12月) 野口武司「『古事記』神生みの段の左註「神參拾伍神」」(『古事記及び日本書紀の表記の研究』桜楓社、1978年3月、初出1974年6・8・10月) 青木周平「「神生み」段の表現」(『青木周平著作集 上巻 古事記の文学研究』おうふう、2015年3月、初出1991年5月) 西宮一民「「神参拾伍神」考」(『古事記の研究』おうふう、1993年10月、初出1992年4月) 毛利正守「古事記上巻、岐美二神共に生める「嶋・神参拾伍神」考」(『萬葉』144号、1992年9月) 戸谷高明「「持別而生神」」(『古事記の表現論的研究』新典社、2000年3月、初出1992年12月) 福島秋穗「八嶋士奴美神より遠津山岬多良斯神に至る神々の系譜について」(『紀記の神話伝説研究』同成社、2002年10月、初出2002年1月) データベースの目的 本データベースは『古事記』に登場する神々の要点をまとめてウェブ上で閲覧できるようにし、国内外の研究者だけでなく、広く一般の愛好者も『古事記』の世界をより深く理解することのできる手引きとなるよう作成したものである。

冬に息が白くなるのと原理は同じ。

一、「梗概」には、該当する神が古事記のどのような箇所でどのように語られているかのあらすじを記した。

7

霧または氷霧、空を透視できる。 この大きな岩は花崗岩ですが中央でみごとに割れている。

6

こちらも重厚な感じが伝わってきます。 一、「読み」は、歴史的仮名遣い・現代仮名遣いの両方で示した。 玖珠町 福万山 福万山 - なにやら縁起の良さそうな山 - 陸上自衛隊日出生台演習場 ・・・たまに沖縄駐屯の米海兵隊が155mm榴弾砲(自衛隊で言うところのFH70)をぶっ放しに来る所だ。

7

双眼鏡で見ると一瞬光った後、数十メートルの範囲が一瞬で砂煙に包まれる。 () - 冬の晴れた朝に川内川を沿って海に流れ出す「」が有名。 森や小高い丘、立ち並ぶ家々や道路など田舎の風景が遠くまで広がって見えます。

1

(ケ)延喜式神名帳は、社名に祭神の名を持つ神社を、その所在地によって「山城国乙訓郡」のように示した。 この時点で時間が12:30と、当初の予定よりやや早めです。 雄大で優しい湯布院の景観。

13