両家 の 顔合わせ 服装。 【両家顔合わせ】母親のふさわしい服装から、挨拶や流れ、会話術までご紹介!

そんな肩肘を張らずに済む会をと望むふたりや親にはぴったり。 長め丈のスカートと淡いピンクベージュの色味で「大人の女性らしさ」漂う雰囲気に。 女性 新婦 の服の色については以下を参考にしてください。

15

結納金がある場合も、このタイミングで取り交わします。

7

そうしておけば、前述したようなトラブルは避けられますよね。 相手に合わせるなど必ずしも固い服装でなくてもいい場合がありますが、一般的な訪問する際の服装マナーは抑えておいて損はないでしょう。

14

ネイビーのワンピースは控えめで派手さを感じさせない色なので、 どんな場所にもふさわしく、顔合わせにもピッタリです。 水玉やドッド、チェック、ストライプも避けたいです。

18

結納だけでも構わないのですが、大半のカップルが両家の親睦を兼ねて食事会も行います。 スーツのカラーはネイビー、ブラック、チャコールグレーなど、無地やストライプの入ったシンプルなものを選ぶといいでしょう。 同じネイビーのジャケットを組み合わせても、 少し明るめのグレーのジャケットでも合いますよ。

17

お互いの親がどんな服装を顔合わせ食事会でしていくのか、事前に自分たちの服装を含めて共有し、両家の服装の格を揃えるようにしましょう。 なるべくシンプルで、かつカラフルでないものを選びましょう。 パンツの種類はスラックスなどのようなストレートタイプを、柄は 無地などのシンプルなものを選び、色も 落ち着いた白色かベージュ色が無難といえます。

母親にとっても同じですよね。 父親の服装 父親は男性と同様にスーツで参加するのが一般的です。 料亭の場合は靴を脱ぐので、靴下や靴もきれいなものを。

両家の顔合わせの会場はホテル、レストラン、料亭などの個室や女性側の家などさまざまです。

1

それでも着たい場合は黒一色にしないで、羽織ものや小物で差し色をすると華やかになります。

19