口 の 中 噛ん だ。 【教えて!goo】しょっちゅう頬の内側を噛んでしまうのはなぜ?専門家に聞いてみた!(1/3ページ)

この時に虫歯や歯周病といった病気があれば、先にその治療を行い、正しい噛み合わせの治療を行います。

18

歯の噛み合わせのずれによって口の中を噛みやすくなります 歯並びが悪い場合にも、口の中を噛んでしまうことがあります。 ものを咀嚼する時にコリコリ音が発生している• 不正咬合 歯並びがガタガタになっている場合、外側や内側に入っている歯が頬や舌、唇を巻きこみやすくなります。

13

まだ若い方で、ストレスなども特に思い当たらない方は、歯科医師に相談して、口の中をチェックしてもらいましょう。

ストレスや疲れも原因となります。

6

人間は体温の上げ下げを行って眠りにつくのですが、入浴することでこの上げ下げをスムーズに行いやすくなるので、眠りにつく時間を短縮できるのです。 また、歯磨きも口の中を清潔に保つには大切です」(新谷先生) そしてストレスや疲れのケアも忘れてはならない。 食べ物は主に前歯で噛み切り、奥歯ですりつぶすという役割分担がありますが、実は歯だけで食べ物を噛んでいるわけではありません。

15

まず、「あ」「い」「う」「え」「お」の形に大きく口を広げて一つ一つしっかり発音していきます。 歯並びを整えることで口の中を噛むことを減らすことができます 特に、歯並びが原因で口の中を噛んでしまう場合は、歯並びを整えることで口の中を噛むことは減ることが考えられます。 長い期間歯ぎしりが続いていると、歯が削れてすり鉢状になったり角が尖るなどによって唇が内側へ引き込まれ、口の中を噛んでしまうようになります。

通常時であれば、頬や舌を噛ないような顎の動きを脳が記憶して自然にコントロールされていますが、疲労時や体調不良時だとうまく働きにくくなります。 また、辛いものや熱いものを食べると痛みを感じてしまう場合があるので、なるべく避けた方が良いでしょう。 レーザー治療をする 実は、口内炎を病院で治すこともできます。

口内炎はできる前の治療が重要 それが口内炎だと、口内炎ができてから治療を始める人が多いのです。

14