生き た メキシコ 感想。 『ボーダーライン』メキシコ麻薬戦争。その善悪に境界はあるのか?(ネタバレ感想)|ロレーンシネマ上映中(映画感想ブログ)

メキシコでは、死は身近なものとして扱われているとされています。

20

この根底にはメキシコの病魔といえる麻薬カルテルの問題が暗く横たわっています。 青いポロシャツのコロし屋が持っていたナイフは大きいものではございませんでしたが、あっという間に… 男性Aの首は切断され、ポロシャツのコロし屋が生首をカメラに向かって掲げました。

8

「生き方は考え方で変わる」 私は、稲盛和夫氏の著書「生き方」を読んで、人生で成功することには、才能、情熱、考え方が必要であるということ、その中で一番重要なのは、考え方であることが学べました。 ゴールデンカムイ最新話の感想です。 でもうまくいかない。

20

音楽で成功する系の話ってよくあるけど、その割には肝心の音楽がとても成功とは程遠い曲を起用している映画って多いですよね。

15

5点、「生きちゃった」を見た方の感想・レビュー情報です。

16

それは両親はどこか狂っているからだ。 悲劇を悲劇として理解していないのか、感情が麻痺して何でも平気になったのかはわからないのだが、どこか狂っているように見えるのだ。

18