積分 公式。 微分積分I 公式一覧

洗練された学問である「微分積分」をいきなり習う私たちが、その難しさにとまどってしまうのはしかたのないことです。

これらの積分の一般化はもとはの要請から生じたものであり、多くの物理法則(特にの諸法則)の定式化に重要な役割を果たした。

8

部分積分とは? さて、わざわざこんな形に式変形しましたが、一体どんな役に立つのでしょうか? 両辺の関係をよくみると、次のようなことがわかります。 例えば、鉄骨の密度を積分してその質量を得ることはリーマン積分で容易に求められるが、その上に静止している鉄球にまでは適応することができない。

9

確率積分 やなどのを伴う確率過程に対する積分 不変積分 やの周辺分野でよく用いられる、上で定義される不変測度()に関するルベーグ式の積分。

18

これが「微分」です。

7

2 定数倍,和・差の定積分の公式 定積分についても,不定積分の場合と同様に,次の公式が成り立ちます。 これは直線と放物線の関係に限ったことではない。

8

Jerome, , University of Wisconsin• 1984 , Real Analysis: Modern Techniques and Their Applications 1st ed. これが動機となって、より広い範囲の関数を積分することのできる新しい定義が生み出された。

Online textbook• 係数は適当に としている( )。