ケット シー ff7。 【FF7】ケット・シーのリミット技習得条件・特徴

作品名は以下のように略記する。 がプレジデントに潰されそうになった時にタークスの能力は重要と言ってかばうなど社長への忠誠心よりもどちらかといえば会社の繁栄を目的として行動していた。

9

バレットの「あ、マリンは無事なのか。 宝条がガスト博士へのコンプレックスに悩まされていたのを見て彼を守りたいと思い、ヴィンセントの想いを振り切ったが、瀕死のヴィンセントを見て自分の中にあったヴィンセントへの想いをようやく自覚し始めた。 クラウドが装備できる最強武器「アルテマウェポン」は、クラウドのHPが高い程ダメージが上昇するため、カンストダメージを叩き出しやすい。

20

戦うのはケット・シー本体のみで、でぶモーグリは所謂イラストでの土台のみである。 幼くも芯が強く、しっかり者で、バレット達の留守中の間は「セブンスヘブン」を守っていた。

15

だが既に都市開発をする見込みはないため幹部からは冷遇されている。 ティファが好きで、戦闘中も彼女には攻撃をしない。

「しゅしゅしゅ! 「リーブは確かにまともだが実行力が残念ながら伴わない」とかそういう意見なんでしょ。

12

隠してたんじゃない?その割にはタークスと若社長に筒抜けだけど。

12

たまには目を向けてみては如何だろうか。 実際に殴るわけではなく指令を行ってデブモーグリに攻撃させるため、メガホンの性能が良いほど攻撃力が上がるという謎仕様。

14