長期 優良 住宅 と は。 長期優良住宅/茨城県

新築に加え、既存の住宅を増築・改築する場合の認定制度も平成28年4月から開始されています。 ・少なくとも10年ごとに点検を実施すること。 不動産取得税が軽減される 土地や家屋を購入する際には不動産取得税がかかりますが、この減税を受けられることも長期優良住宅を購入するメリットです。

6

認定長期優良住宅に係る税制上の特例措置 認定を受けた長期優良住宅建築等計画に基づき建築及び維持保全が行われる住宅については、以下の税制特例が適用されます。

20

長期優良住宅に認定されると、5年や10年などのタイミングで自治体から定期点検の案内などが届くことがあります。

16

この場合、維持保全計画に基づくメンテナンスの実施内容も引き継がれますので、計画内容を確認した上で手続きを行いましょう。 ただし、住宅ローン控除は、実際の納税額が控除額の上限。

1

を認定する制度の創設を柱とする「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されました。 どれほど将来を想定して設計されているか、ということも、住まいの重要なポイントです。

6

書類名 内容 1 認定申請書 認定を受ける住宅の情報を記載するもの 2 設計内容説明書 認定申請する住宅が申請書の通りに設計されていることを示すもの 3 各種図面・計算書 設計内容説明書の根拠となる図面や計算書 4 その他必要書類 所管行政庁が指定するもの(適合証など) 基本的には認定申請書がメインの書類で、その他審査に必要なものを適宜添付する形となります。

20

住宅の構造および設備について長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられていること。

5

これまで認定を受けたのは100万戸以上 平成31年3月末時点で長期優良住宅として認定された新築住宅は、一戸建て住宅で1,004,152戸、共同住宅では20,837戸、合計で1,024,989戸にのぼります。 適用条件は一般住宅と変わらず、以下のようになります。

7