バットマン レイチェル。 『ダークナイト・ライジング』のラスト、なぜブルース・ウェインはあのような結末になったのか?【ダークナイト・シリーズ徹底解説コラム Vol.21】

- アメリカの女優。 」、英語ではNeverの一言。

9

直接的な関係は少なかったが、新たなヴィラン、の初登場した事件で全ての人物に関わる位置に居た事で、事件の真相を誰よりも知る人物となり、バットマンに事件を仕組んだのがリドラーとハッシュの二人である事を示唆する発言をしている。

19

この時市警本部の屋上での顔合わせのシーンは実写映画「」でも再現されている)。

マフィアの逮捕を確実なものとする為に、ハービーはまずマフィアに協力していた汚職警官達の一斉摘発をすべきであると主張していたのだが、身内を犯罪者として検挙する事で市民の信頼を失ってしまう上にマフィアを逮捕する為の人員を欠いてしまう事を良しとしなかったゴードンは、ハービーの考えを聞き入れようとしなかった。 自らできることは何か、それを探す彼の旅がここからまた始まっていくのです。 レイチェル・ベニング - 『』『』の登場人物。

18

犯人の仮釈放に納得できないブルースは法廷を出てきた犯人を殺害しようと、コートに拳銃を隠し近づきますが、ファルコーニの息がかかった者により、先に犯人を殺害されてしまいます。 また、日本から渡辺謙が参加したことも話題となりました。 その犯罪者は派手な演出で警察を欺きながら凶悪な犯罪を実行し、犯罪現場には必ず自身のサインを残すと話すゴードンは、バットマンにそのサインを見せます。

1

トリビア [ ]• バットマンはレイチェルを連れ、地下室を出ます。

そして紆余曲折あった後ゴッサムへと戻ることとなったブルース。 彼女にとってブルースは昔の愛していたブルースではありませんで した。 このエピソードは「バットマンビギンズ」「ダークナイト」通して、バットマンが自らの手で絶対に人を殺さない哲学の根底になっています。

2

ラーズは手始めにアーカム精神病院に収容されている犯罪者達を解き放ち、気化装置をナローズ島で作動させて一帯をパニックに陥れると、さらにそれをモノレールに載せて車両を街の中心の水源へ向けて走らせて幻覚剤入りの水蒸気を街全体に充満させようとする。 警察署から向かうとギリギリになる時間でジョーカーは に住所を教えました。

19