イタチ スサノオ。 須佐能乎(スサノオ)

しかし、万華鏡写輪眼の力の反動でカカシはしばらく動けなくなっていた。

1

(後に「鷹」と改める。

8

ヤマトの小隊はカブトとの戦闘に陥り、取り逃がしてしまう。

抜け忍は一般に里の忍として見なされないので割り振られる仕事がなく、自ら暗殺・ボディガードなどの仕事を受け生活する。

3

雷の国( 雲隠れの里) 「雷影」を長とする雲隠れの里を持つ。

飛雷神の術(ひらいしんのじゅつ) 扉間が開発した術の一つで、後のミナトの得意技であり「 黄色い閃光」の異名の所以。 第四次忍界大戦後は、発展していく他国とは対照的に戦前同様の不安定な情勢が続いている。 変わってしまった友と、自分の非力さを痛感したナルトは、再び修行に入る。

概要 巨人のようなチャクラが使用者を覆う。 サスケの雷遁忍術・麒麟を防ぐ強固な防御力を持っており、十拳剣、八咫鏡を持つほか穢土転生された際は遠距離攻撃術として八坂ノ勾玉を使用した。 かつて石は初代土影・イシカワが三代目土影・オオノキに己の中の意志の大切さを説くために「こんなものはただの石に過ぎない」と捨てており、以降はイシカワがその辺から拾ったただの石が置かれている。