河津 桜 原木 の 苗 が 見つかっ た の は。 河津桜って何?

伊東市に住む勝又光也氏は1968年 昭和43年 頃からこのサクラを増殖し、このサクラの普及に大きく貢献されました。 htm 河津桜とは 河津桜とは静岡県賀茂郡河津町で毎年3月上旬に満開になるピンク色の桜。 しかしあくまでこれは予想ですから、 気温や天気などによって、見頃は変わる可能性もありますが だいたいこの頃が見頃と覚えておくと、お花見の予定を立てるのに役立ちそうですね。

8

伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし毎年2月上旬から開花しはじめ約1ヶ月を経て満開になるため、長期に楽しまれる桜として親しまれています。 でもでも、せっかく子どもにも桜を楽しんでもらいたかったんですが・・・まあ予想通りではありますが、1時間もしないうちに、あきちゃいまして。

14

桜の種類としては、カンヒザクラとオオシマザクラの 自然交配によって生まれたものだと考えられています。

14

軽くでも覚えてから見ると、よりお花見が楽しめますよ! 河津桜とは、静岡県賀茂郡河津町で咲く桜です。 河津桜で花見を楽しんで、3月下旬~4月上旬のソメイヨシノで楽しんで、たくさん花見を楽しめますね。 原木の樹齢は、およそ60年で、今なお咲き続けています。

4

高温で知られる峰温泉の源泉がそのまま引かれているので始めは入口付近に入り、慣れたら奥側に進むと良い。 足湯からは河津川と桜並木の景色が楽しむことが出来、2月は桜の花と菜の花、4月は新緑を一望できる。

14

お花見がより楽しめる!河津桜まつりとは? 前項でもさらっと書いた、河津桜まつりを、 ここではもう少し詳しく、ご紹介しますね。 静岡県賀茂郡 ギャラリー [ ]• 2月になると満開のカワヅザクラが楽しめます。 1975年には河津町の木に指定されました。

河津桜まつりでは、出店や地元のお店でも、桜祭りに関する食べ物や、地元の海産物や果物など、数多くの美味しいものがあります。

16

ちなみに、見頃は先に書いたとおり満開または6~8分咲きの頃ですが、 河津桜は、実は葉っぱが出てきても、綺麗です。 伊東市に住む勝又光也氏は1968年(昭和43年)頃からこのサクラを増殖し、このサクラの普及に大きく貢献しています。

20

では、河津桜がどのように誕生したのか、紹介します。 河津桜の由来 河津桜の原木を、河津町田中の飯田勝美氏 故人)が1955年 昭和30年 頃、偶然発見したさくらの苗を、現在地に植えたものです。 現在も原木はこの地に存在し、現在で樹齢50〜60年である。