包丁 数え 方。 包丁の数え方

実際本当は『柄』が包丁の単位として正しいようですが、現在は『本』と数える人の方が多いでしょう。 また、馬を育てて売り買いする機会も多く、市場などへ馬を引いて移動。 大体の方は1本、2本…と『本』で数える方が多いでしょう。

8

クエン酸• 犬:頭(とう)• 刺繡はさみは読んで字のごとく、刺繍を施す際に使用します。 コーヒー:杯(はい)• あと思うのは、豆腐は崩れ易い癖に固体なので1つと数えようとしてもすぐに複数に分かれてしまいます。 主な用途としては万華鏡や一眼レフに使用します。

4

今朝の朝日新聞に、『豆腐の数え方 なぜ「丁」』という記事が載っていました。 これは複数形のSのついた状態です。

9

日本の各地でも豆腐の大きさ(重さ)がバラバラのようで、沖縄では何と1kgもあるそうです! その意味では、「1パック」や「1塊」でも同じように使えそうですね。

3

それで、2000年前の中国の人達も豆腐が非常に栄養価の高い食品だと知っていましたので、豆腐を食べると「元気が出る」「それ行けーと云う気になる」と言う意味で、豆腐を数えるのに「丁」の字を当てたのです。 ちなみに 柄のついた鏡の数え方は 「一柄(いちえ)(いちへい)(いっぺい)」でしたね。

20

たとえば、人数をあらわすときは「1人・2人・3人」と言いますね。 ハサミの由来でも解説した通り、ハサミは2枚の刃で1組の構成となってます。

7

最近では専門的な包丁、刺身包丁や出刃包丁などは一丁二丁と呼び、子供用などは一本二本と数えることが多いです。 ハサミには2本の刃がありますから、これも正しい漢字と言えるのです。

13

この単位の由来は、その昔タンスを運ぶ際にタンスの上部に金具があり、その金具に竿(さお)を通して運んだというものです。

18