内部 į•™äŋã€‚ 内部į•™äŋãŒäŧæĨ­ã‚’厈るīŧīŧŸ ã‚ŗロナįĻã§æŗ¨į›Žã•ã‚Œã‚‹į†į”ąã¨ã¯

2 īŧˆīŧ‰â€ĸ æ Ēä¸ģãĢčŗ‡é‡‘ã‚’å‡ēしãĻもらãŖãĻčŗ‡æœŦ金をåĸ—ã‚„ã™ã‹ã€éŠ€čĄŒã‹ã‚‰å€Ÿé‡‘ã‚’ã™ã‚‹ã‹ã€ãŠãĄã‚‰ã‹ãŒæ™Žé€šã§ã‚ã‚ã†ã€‚ äŧšį¤žãŒį´”į˛‹ãĢæ Ēä¸ģぎもぎであるãĒら、äŊ™å‰°čŗ‡é‡‘ã¯å…¨éĄæ Ēä¸ģãĢ分配しãĻ、į¨ŧげãĒくãĒãŖたäŧšį¤žã¯č§Ŗæ•ŖするというぎはおかしãĒčŠąã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ į­†č€…へぎ取材、čŦ›æŧ”、原į¨ŋį­‰ãŽã”į›¸čĢ‡ã¯ã€Œåšģå†ŦčˆŽã‚´ãƒŧãƒĢドã‚Ēãƒŗナイãƒŗäē‹å‹™åą€ã€ãžã§ãŠéĄ˜ã„しぞす。

18

æœŦį¨ŋã§æŽĄį”¨ã—たäģŽåŽšãĢåŸēãĨけば、īŧˆ1īŧ‰æˆé•ˇįŽ‡ãŒéĢ˜ãäŋæœ‰įžé‡‘比įŽ‡ãŒäŊŽã„時ãĢäŧæĨ­ã¯åˆŠį›Šã‚’į•™äŋã™ã‚‹ã€īŧˆ2īŧ‰įžé‡‘äŋæœ‰æ¯”įŽ‡ã¯æˆé•ˇįŽ‡ãŽåˆ†æ•ŖがéĢ˜ã„時ãĢ上昇する、といãŖたįĩčĢ–を垗た。 é†é†čĄæąå¤§åčĒ‰æ•™æŽˆīŧˆäŧšč¨ˆå­Ļīŧ‰ã€ŒäŧæĨ­ãŽį¤žäŧšįš„č˛Ŧäģģ 内部į•™äŋãĢčĒ˛į¨Žã™ãšãã ã€ã€Žæœæ—Ĩæ–°čžã€2013åš´3月22æ—Ĩ「į§ãŽčĻ–į‚šã€â€ĸ įĩŒį†ãƒ—ナ゚īŧš 内部į•™äŋãŽé‡čĻæ€§īŊžã‚ŗロナįĻã§æŗ¨į›Žã•ã‚Œã‚‹į†į”ąīŊž 昨äģŠīŧˆ2020åš´6月時į‚šīŧ‰ãŽæ–°åž‹ã‚ŗロナã‚ĻイãƒĢ゚感染į—‡æ‹Ąå¤§ãĢよるįĩŒå–ļåąæŠŸã§ã€åž“æĨ­å“Ąã¸ãŽæ”¯æ‰•ã„ã‚„å›ē厚č˛ģぎ支払いãĒお、これぞでäģĨ上ãĢ手元čŗ‡é‡‘ぎ重čĻæ€§ãŒéĢ˜ãžãŖãĻいぞす。 300万円というįžé‡‘は、300万円ぎクãƒĢマãĢ変わãŖただけで、「 čŗ‡į”Ŗは減ãŖãĻいãĒい」ことãĢãĒりぞす。

18

čŗƒé‡‘ã¨č¨­å‚™æŠ•čŗ‡ã¯æį›Šč¨ˆįŽ—書ぎåŊ“期į´”刊į›Šã‚’通しãĻ、内部į•™äŋãĢåŊąéŸŋを与えぞす。 これをæĨĩ限ぞでįĒãé€˛ã‚ã‚‹ãŽãŒäŧæĨ­ãŽč˛Ŧå‹™ã§ã‚ã‚Šã€æ”¯æ‰•ã„ãŒã‚ˇãƒ§ãƒŧトしãĒいようãĢã‚ŽãƒĒã‚ŽãƒĒぎナイãƒŗを上手ãĢčĻ‹æĨĩめるぎがįĩŒį†éƒ¨ãŽäģ•äē‹ã§ã™ã€‚ 先į”ŸãŽã†ã‘åŖ˛ã‚Šã§ã™ã‘おâ€Ļâ€Ļ。

ã‚ĩ゚テã‚ŖナブãƒĢæˆé•ˇįŽ‡ãŽč¨ˆįŽ—åŧâ€ĸ 1īŧ‰äē‹æĨ­į’°åĸƒãŽæ”šå–„ãĢ加え、äēēäģļč˛ģį­‰ãŽč˛ģį”¨ãŒæŠ‘åˆļされたことで、ã‚ŗロナįĻå‰ãŽäŧæĨ­ã¯éĢ˜ã„収į›ŠäŊ“čŗĒとãĒãŖãĻいた。 ã˛ã‚‰ãŸãč¨€ãˆã°ã€ŒãŽå„˛ã‘ãŽč“„ãˆã€ãŽã“ã¨ã ãŒã€äŧšč¨ˆä¸Šã¯ã€Œã€ã€Œã€ã€Œįš°čļŠå‰°äŊ™é‡‘」ãĒおぎ項į›Žã§ã€č˛¸å€Ÿå¯žį…§čĄ¨ãŽį´”čŗ‡į”Ŗぎ部ãĢč¨ˆä¸Šã•ã‚Œã‚‹ã€‚

1

äē‹æĨ­ã§čĩ¤å­—ã‚’å‡ēした時やčŗ‡é‡‘įš°ã‚ŠãŒåŽŗしくãĒãŖた時ãĢ備え、刊į›Šã‚’配åŊ“せずäŧšį¤žãĢとãŖãĻãŠãã€č˛Ąå‹™åŸēį›¤ã‚’åŧˇåŒ–するぎが内部į•™äŋãŽåŊšå‰˛ã§ã™ã€‚ 内部į•™äŋãŽįžįŠļ æ—ĨæœŦäŧæĨ­ã§ã¯æŦ§įąŗäŧæĨ­ãĢ比ずると、æ Ēä¸ģへぎ配åŊ“ã‚’äŊŽãæŠ‘えãĻ、内部į•™äŋã‚’æŊ¤æ˛ĸãĢするį‰šé•ˇãŒã‚りぞす。

8

しかし、ã‚ŗロナį™ēį”ŸåžŒãĢは、あらかじめéĢ˜åŽį›ŠäŊ“čŗĒとãĒãŖãĻいたことで多くぎäŧæĨ­ãŒčĩ¤å­—čģĸčŊを免れたうえ、内部į•™äŋãŽč“„įŠã¨é€Ŗ動させるåŊĸでįžé é‡‘ã‚’įŠãŋåĸ—しãĻいたことでčŗ‡é‡‘įš°ã‚Šæ‚Ē化がįˇŠå’Œã•ã‚Œã€č˛ å‚ĩぎåĸ—加を抑えることができた。 ãĢé€˛ã‚€â€ĸ ãĒお、äŧæĨ­ã¯å†…部į•™äŋãŽã™ãšãĻをįžé‡‘ 手元 としãĻäŋæœ‰ã—ãĻいるわけではãĒい。 ということは、配åŊ“せずãĢ内部į•™äŋã•ã‚ŒãŸčŗ‡é‡‘は、äŧšį¤žãŒč§Ŗæ•ŖするときãĢæ Ēä¸ģãĢæ¸Ąã‚‹ã“ã¨ãĢãĒりぞす。

12

įŦŦ4回は「内部į•™äŋã€ãĢついãĻč§ŖčĒŦしぞす。 ここでいう内部į•™äŋã¨ã¯æ–°ãŸãĢį”Ÿã˜ã‚‹åˆŠį›ŠãŽį•™äŋéĄã§ã‚ã‚Šã€č“„įŠå…¨äŊ“ではãĒい。 įžé‡‘と内部į•™äŋãŽé•ã„ã‚’į†č§ŖするãĢはäŧæĨ­ãŽãƒãƒŠãƒŗã‚šã‚ˇãƒŧト äŧæĨ­ãŽč˛Ąæ”ŋå ąå‘Šæ›¸ ぎ中čēĢを少しįŸĨãŖãĻいãĒくãĻはいけぞせん。

16

これらぎį†į”ąã‹ã‚‰ã€å†…部į•™äŋãŽé‡čĻæ€§ãŒæŗ¨į›Žã•ã‚ŒãĻいるぎです。 äŧšį¤žã¯åž“æĨ­å“ĄãŽã‚‚ぎでもありぞす。 こぎことから内部į•™äŋã¨ã¯ã€äŊŋį”¨ã—ãĒいčŗ‡é‡‘ã‚’č“„ãˆã‚‹ãŽã§ã¯ãĒく、ぞたãƒĒ゚クãĢ備えるだけではãĒく、収į›ŠåŠ›ã‚’åŧˇåŒ–させるためãĢįŠæĨĩįš„ãĢæ´ģかされãĻいることがわかりぞす。

8